トップページ > 理事長日記 

理事長日記

理事長日記

21世紀は「光」の時代

現在世界が注目している最先端の光殺菌技術。FotO SANが関空より届きました

                       Fotosanjpg.jpg
FS endo 3.jpg


早期癌治療への光力学療法(Photodynamic Therapy PDT治療)として臨床使用されているものです。

バイオジェルに無熱の赤色光と化学反応させる事で活性酸素を発生させ、癌細胞や細菌を死滅させます。


歯科では今問題になっているインプラント周囲炎や根管治療、虫歯治療に応用されます。

強い助っ人がやってきました。


LiCCAでは常に世界から新しい技術をいち早く導入、皆様の役に立てることを願っています。





投稿者 mtadmin : 2012年1月20日 17:37

NHKクローズアップ現代 師小宮山 彌太郎先生出演

クローズアップ現代.JPG 
タイトル「歯科インプラント トラブル急増の理由」

日本にインプラント治療を紹介されたオーソリーティである小宮山先生のかつてからの心配、インプラント治療のトラブル。

国民的な問題となってきているその背景と対応への報道でした。

放送後の評判は通常反対派の意見も多く届くようですが、今回の放送は好感の持てる内容で参考になったという反応が多く番組スタッフの方が驚かれたということでした。


インプラントは良い技術で施行されるかぎり素晴らしいものです。

永続的に健康を維持できるインプラント治療の普及に力尽くしたく思います。

投稿者 mtadmin : 2012年1月17日 12:42

平山先生歯周病学会認定医、記念勉強会

金剛本院平山先生講師の豚顎を使っての実習です。歯周治療のアドバンス外科手技を学びます。

朝から晩まで熱心さ爆発です。新しいことを学ぶ楽しさがありますね。皆さんご苦労様でした。
豚2.JPG 豚1.JPG 豚4.JPG大阪歯科大学からの臨床研修医 津守紀昌先生。
知識欲抜群です。熱心さとパワーを感じ将来がとても楽しみです。
豚3.JPG日本歯科大学からの臨床研修医 岡田敏宏先生。
実家、在住とも東京。研修期間をぜひ当院でと大阪へ、その熱心さに圧倒。がんばって下さい。

投稿者 mtadmin : 2012年1月15日 20:57

「講師からの一言

九州インプラント研究会誌の「外来講師からの一言」欄に掲載いただきました。

大変熱心なこの大手の勉強会へお越しの先生方に合わせ、年頭の自分へのメッセージともしたいと思いここにご紹介させて頂きます。
                      DSCN0833.JPG

「あれは木に仁王(におう)を彫りこむんじゃない。最初から木のなかに仁王が埋まっているのを掘り出すだけだから、容易なものなのだ」つまり、、、

木に埋もれた定められた可能性を、掘り起こして光を当て、よりよい時を作り出していく。

医師とはそうゆう存在。

土に埋まった石を掘り出すようなものだから、間違えようがない。

そうゆうものを日々深く、深く考え続けているからこそ、その無力さ、虚しさを抱えながら、、、

一生懸命考えずにはいられない、それが若さで、心地よい。    −神様のカルテより− 

 

医療行為は、人間が人間に行うことのできる崇高な行為である。

そのため、若いときには医療に携わる者も崇高かと勘違いするものであった。

今は医療に携わるに相応しい人間になるべしと猛省の日々である。

臨床で経験することに、学術的に技術的に良いと思われた補綴を装着しても、満足に噛めない、発音がしにくいなど不快な症状を訴えるケースに出会うことがある。  

それは口腔周囲筋や周囲組織が補綴に慣れていないのが原因だとしても、患者は歯科医の技量の問題と信じ、説明に苦慮することも多くあった。

考えてみると患者の理想と治療の現実にギャップがあるのが歯科医療。いくら良い出来だと思う補綴でも、それは作り物であって天然歯ではないからだ。

患者の理解を得るに必要なものは技術だけでなく、患者との強い信頼関係である。

強い信頼関係は即席にはできない。それを得るには日々の行為の中で作られていくものだ。

そう気付いたときから、患者とスタッフの間にある「行為」にマニュアルをなくすことにした。

例えば、「お大事に」の挨拶は、お大事にと言いたい人が、言いたいときに言う。その方が本心で言えることになるからだ。

全ての行為はマニュアルでなく、医療人の気持ちで行うことにした。

スタッフと心の持ち方を共有したときから、患者のクレームがなくなったことを経験する。

これは貴重な経験であった。

自分たちの使命は患者の思いを受け取ることとする姿勢が、患者にとっても患者の持つ理想と歯科治療のゴールのギャップを受け入れる助けになったのかもしれない。

 

歯科医療の本質も、患者の訴えに対して医学的な「答え」から医療としての「応え」を

導き出し、掘り出していく行為であろう。

これから発展するインプラントもその手だてのひとつであることを願ってやまない。

投稿者 mtadmin : 2012年1月11日 13:34

SASAKIさんにご紹介いただきました。

日本最大手の歯科材料店SASAKiさんの全国情報誌に当医院を掲載頂きました。気持ち新たに診療へむかいたいと思います。ご紹介ありがとうございました。                                                 ササキ1.png  ササキ2.png

投稿者 mtadmin : 2012年1月10日 12:41

あけましておめでとうございます

                    img_11_1290499991.jpg                    年頭のおごそかな時間を向かえる時、私たちは貴重な時間の中に居ることをあらためて感じます。今年一年、今日一日、いつも心静かに大切な時間を積み上げ、人のお役に立てるように精進してまいりたいと願っています。    今年もご指導どうぞよろしくお願い申し上げます。


投稿者 mtadmin : 2012年1月01日 13:15

ページトップへ

Profile プロフィール

医療法人 西村歯科 理事長

Category Archive カテゴリ

Monthly Archive 月間アーカイブ

  • LiCCAで行っている治療の流れ
  • セカンドオピニオン
  • 治療費とトリートメントコーディネーターのご案内
  • よくある質問
  • 医院概要
  • 書籍・メディア情報
  • 理事長日記
  • スタッフブログ
  • 採用情報
  • UNDER ARMOUR

Copyright © Nishimura Dental Clinic. Rights Reserved.