トップページ > 理事長日記 

理事長日記

理事長日記

一番必要な部位からいたしましょう。

優先順位はどちらからでしょうか。
下の奥歯は入れ歯が使いにくいということですからまずここから。
そして前歯も入れ歯が気になられるということでインプラントへ。
上の奥は入れ歯でも使い勝手が良いため今回は入れ歯をお作りします。
080430c.jpg080430d.jpg

投稿者 mtadmin : 2008年4月30日 22:29

泉北診療所からの患者様。

歯肉に金属のタトゥー(入れ墨)ができています。
抜歯以前の金属の被せ物が歯肉に溶け込んだのでしょう。
金属アレルギーの原因にもなるため、インプラント外科と一緒に除去しておきます。
補綴は泉北診療所の西村先生にお願いします。
080430e.jpg

投稿者 mtadmin : 2008年4月30日 16:50

講談社発行の単行本「(医師がすすめる)最高の名医+治る病院 決定版」に当院を掲載して頂きました。

先だっては月刊「現代」2月号の「歯にやさしい最高の名医100人」の記事で
紹介していただいたのに続き、今回も大きなスペースを割いて当院のことを紹介して頂いています。
本のタイトルのインパクトが強くて少し面映いのですが、
インプラントという歯科の最高の治療方法をさらに突き詰めて、真摯に取り組んでいる姿勢を、
外部からご覧になって評価して頂いているものと受け止めています。
これからも謙虚に、着実に歩み続けたいものと思っています。
掲載紙はこちらから。


080430a.jpg080430b.jpg

投稿者 mtadmin : 2008年4月30日 14:26

「大先生(父)お元気ですか」とお尋ねを頂き嬉しいばかりです。(堺一条・山本 執刀)

「現役を退いていますが、元気ですよ、ありがとうございます。」
大先生と同じようなご年齢の患者様。昔からお越しなんですね。
父とは違い歯も骨もとてもご丈夫ですね。
大先生の患者様ですので、お気持ちも引き継がせていただきます。
080428e.jpg080428f.jpg
080428g.jpg080428h.jpg

投稿者 mtadmin : 2008年4月28日 19:53

抜歯窩を造堤していました。無切開インプラントです。

自分の骨に変わる骨補填材、最近は新しい補填材が色々紹介され良いものがでてきました。
その補填材で骨を改造したところへ埋入です。
骨形態が良好に回復していますので無切開で埋入できます。
080428a.jpg080428b.jpg
080428c.jpg080428d.jpg

投稿者 mtadmin : 2008年4月28日 19:19

顎堤が痩せているため神経に注意して。(金剛・瀬浦 執刀)

神経に影響がでないよう短めのインプラントで対応します。
ここは8.5mmを使用。また顎堤の幅が狭くなっていますので
骨幅にあわせたインプラント、直径4mm、5mmを選択します。
080427a.jpg080427b.jpg
080427c.jpg

投稿者 mtadmin : 2008年4月28日 19:02

歯槽膿漏で歯槽骨は大きなダメージです。

画像で見られるように、インプラントは凸凹した歯槽骨に埋入されています。
そのためインプラントと同時に骨の改造をします。
その方が回数や治癒期間を大幅に短縮できます。
技術的にはやや難ですが、満足のいく治療ができました。
080426g.jpg080426h.jpg
080426i.jpg

投稿者 mtadmin : 2008年4月26日 23:39

審美的な仕上がりを考える部位です。

歯の喪失に伴い、骨がやや痩せています。
このような場合、セラミックの義歯は痩せている分だけ長くなるため気になるところです。
幸い隣の歯の付け根の歯槽骨は健全なため歯茎は落ち込まずにすみます。
最終義歯は隣の歯と区別がつかないようきれいに出来上がします。
080426c.jpg080426d.jpg
080426e.jpg080426f.jpg

 

投稿者 mtadmin : 2008年4月26日 14:50

連休の一日を使って頂くお気持ちにお応えしたいです。(心斎橋・和島 執刀 アシスト 西村)

サイナスリフトと同時埋入&PRP。
サイナスリフトは頬骨に窓を開けて人工骨を填入します。
この頬骨が厚くなると難しくなりますが平均1mmない厚みのところ、
今回は4mmほどありやや難度が上がります。
080426a.jpg080426b.jpg

投稿者 mtadmin : 2008年4月26日 14:38

ワン・デイ・ティースができる条件。

インプラント埋入と同時に義歯を装着するワン・デイ・ティース。
これができる条件は骨質が良好なことです。
具体的にはインプラントの固定が40ニュートン(約4Kg)で骨に留まることです。
骨質を術前に把握することは現在の技術ではまだ難しく、術中にわかります。
この症例では2本の初期固定がゆるいため、安全を考えワン・デイ・ティースをひかえました。
080425c.jpg080425d.jpg

投稿者 mtadmin : 2008年4月25日 13:40

ワン・デイ・ティースができました。

下顎は、上顎に比べ骨質は硬く、ほとんどのケースでワン・デイ・ティースができます。
患者様の是非に、と言うお声にお応えできてスタッフ一同も嬉しいばかりです。
義歯作成は担当チームの山本先生と川上技工士に任せて2時間ほどで作ります。
080425a.jpg080425b.jpg

投稿者 mtadmin : 2008年4月25日 13:27

「交通事故で歯が折れてしまった所を、インプラントで治療します」(金剛・平山 執刀)

交通事故で前歯が折れてしまい来院された患者さんです。
まだ20代の患者様で今後のことを考えてインプラント治療を選択されました。
事故で失ってしまった骨もインプラント処置と同時に再生させます。
最終的に歯を作りたい所から逆算して、インプラントを埋入しました。
夏前には、自身を持って笑える歯を回復できます。
080423a.jpg080423b.jpg
080423c.jpg080423d.jpg

投稿者 mtadmin : 2008年4月23日 10:34

感染したところを充分に浄化と掻爬(ソウハ)をして。

抜歯する歯は感染した肉芽で覆われています。
抜歯時骨内の感染源をきれいに浄化することは抜歯の何倍も気を遣うところで時間をかけます。
感染源を取り除くと大きな骨欠損となりましたが無事埋入でき、ほっとしています。
080422c.jpg080422d.jpg

投稿者 mtadmin : 2008年4月22日 21:29

大きな骨欠損(レントゲンで黒くなっているところです。)

歯槽膿漏のため抜歯時には大きな骨欠損になっていました。
良好な歯槽骨部にインプラントの先端を留めるように傾斜して埋入しています。
欠損部分は骨補填材で骨の造成をします。
080422a.jpg080422b.jpg

投稿者 mtadmin : 2008年4月22日 10:13

始めて「入れ歯」を入れる方の多くの方がこの2歯欠損部位です。

大臼歯2歯を失ったため、生まれて始めて入れ歯を装着、
という方が入れ歯使用の始まりとして一番多いと言われています。
そのため多くの方がまだ30代、40代の方です。
現在は欠損の修復にはインプラントの選択肢もあり
ご提供する側としても、完全に回復できることを嬉しく思います。
080421e.jpg080421f.jpg
080421g.jpg

投稿者 mtadmin : 2008年4月21日 19:18

4度目のインプラント治療です。

今まで歯を失ったところはインプラントで治療してきました。
咬む事には不自由したことが無いそうです。
今回は残念ながら右上の歯が虫歯で抜歯になりました。
前から歯が無かった奥の歯と合わせてインプラント2本の処置をさせて頂きます。
これからも不自由なく食事して頂けると思います。
080421a.jpg080421b.jpg
080421c.jpg080421d.jpg

投稿者 mtadmin : 2008年4月21日 19:08

いつも治療に奥様とお嬢様とおこしになります。

今まで骨を造ったりと色々させて頂きましたが、今回が最後の外科処置になるとおもいます。
半年後には両奥の臼歯でお食事が出来ますので楽しみです。
080418e.jpg080418f.jpg

投稿者 mtadmin : 2008年4月18日 17:14

自信を持って笑える様な口元を提供します。(金剛・平山 執刀)

長い間、なかなか歯科医院に通うことが出来ず今回意を決しての来院です。
左上の放置していた歯をインプラントで治療させて頂きました。
前歯は、両側の歯をすでに削っていたのでブリッジで治させて頂く事になっています。
歯の状況がどんどん綺麗に変わっていくのが楽しみです。
4ヵ月後には、仮歯が入っている予定です。
080418a.jpg080418b.jpg
080418c.jpg080418d.jpg

投稿者 mtadmin : 2008年4月18日 14:10

マメでも ぼりぼりと。

上顎三度目の埋入手術でした。右、左、前と順次してきましたが、
今現在仮歯も入っているのでお食事も問題なく、そして仕事にも影響はなかったみたいです。
義歯から仮歯にかわっただけでも豆でもばりぼり食べれるそうです。
080417e.jpg080417f.jpg

投稿者 mtadmin : 2008年4月17日 16:59

上の奥歯でしっかり噛みたい。(金剛・平山 執刀)

一番奥歯までしっかり咬みたいという事で来院されました。
上の奥歯にインプラントを2本入れさせて頂きます。
単独のインプラントで一番力のかかる歯であることを考えて、
最低10mmのインプラントを入れるため、骨を作ると同時にインプラント処置を致します。
4ヵ月後には一番奥の歯までしっかり噛めるようにさせて頂きます。
080417a.jpg080417b.jpg
080417c.jpg080417d.jpg

投稿者 mtadmin : 2008年4月17日 13:47

サイナスリフトとPRP & インプラントを。

今日は以前、当センターのセミナーを受講頂いた先生の見学のもと、
総インプラントとサイナスリフト(上顎洞内骨移植)です。
良い勉強になったと感想を頂き私も嬉しく思います。
ぜひ多くの患者様へ多くの先生方を通じて正しい技術が広まりますよう願っています。
080416e.jpg080416f.jpg
080416g.jpg

投稿者 mtadmin : 2008年4月16日 21:16

上顎は4本のインプラントでは無理でした。

下顎は骨条件が良いため4本で支えるオール・オン・フォーを。
上顎は骨が柔く、骨幅も細いため大事をとって7本を入れています。
骨幅は4mm、そこに直径4mmのインプラントを入れます。
ちょっと無理なようですがこれができるのは、
骨幅を拡張しながら入る「スピーディインプラント」のおかげです。
080416a.jpg080416b.jpg
080416c.jpg080416d.jpg

投稿者 mtadmin : 2008年4月16日 21:02

入れ歯が動いて食事が出来ない状態でした。(金剛・平山 執刀)

下顎の奥歯に入れ歯を装着しましたが、義歯が動いて食事が出来ず悩まれて来院されました。
CT等必要な診断を終えた後、インプラントを合計5本入れさせて頂き奥歯の機能を回復しました。
2ヵ月後には固定式の歯で何でも咬んで頂けます。
080415a.jpg080415b.jpg

投稿者 mtadmin : 2008年4月15日 14:54

残念です!歯が割れたための抜歯です。

破折の原因は多くは歯にかかる過重負担。
そのため骨も吸収して陥没してしまいます。
インプラントを入れたとき、陥没を回復するため同時に骨を造成します。
080414a.jpg080414b.jpg
080414c.jpg080414d.jpg

投稿者 mtadmin : 2008年4月14日 17:49

硬いところ、柔いところがあり難しくなります。

抜歯後数ヶ月、骨造成したところはきれいに骨ができています。でもやや柔い状態。
元々のご自身の母骨は硬く、硬度はタイプⅠの一番の堅さ。硬さにギャップがあり気を遣います。
この部位は奥に行くほどインプラントの長さを短くして神経に近づかないようにします。
080411a.jpg080411b.jpg

投稿者 mtadmin : 2008年4月11日 13:12

左上に2本のインプラントを。(心斎橋・和島 執刀)

本日は左上。前回左下のインプラント手術経験されていましたので、
来院時からリラックスされていました。
手術時間は30分ほどで、歯を抜く時よりも早いんですね。
とのコメントをいただきました。翌日お電話しましたら、元気にお仕事されておられました。
080410a.jpg080410b.jpg

投稿者 mtadmin : 2008年4月10日 18:02

お話をお聞きしていると大先生(父)時代の患者様でした。

初診でのご来院は4年前、4年目のお付き合いと思っていましたら、
お話をお聞きしていると大先生にはお世話になりましたと、五条通り診療所時代の患者様。
こちらこそということで改めてご挨拶。気がつかないところで「西村」の歴史を感じます。
骨幅は細そうです。1本はワイドインプラントが入って安心です。
これからも長いおつきあいをよろしくお願い致します。
080409a.jpg
080409b.jpg080409c.jpg

投稿者 mtadmin : 2008年4月09日 12:59

今日は下顎です。動揺が大きくなってきましたのでインプラントへ。

抜歯後骨造成をして5ヶ月になりますが造成するべき量が
大きかったためやっと埋入できる状態となりました。
骨質は柔いところ、堅いところが交差しているため意外と難しい条件でした。
080408a.jpg080408b.jpg

投稿者 mtadmin : 2008年4月08日 12:42

「サイナスリフト・フォロー」

サイナスリフトはインプラントの普及に伴い
以前より一般的な治療方法となってきたようです。
またそれに伴うフォロー治療も私なりに確立していますので
どのような条件でも成功に導くことが出来ています。
セミナーを通じ、特異ケースの術式も普及に努めていきたいと思います。
080407a.jpg080407b.jpg
080407c.jpg080407d.jpg

投稿者 mtadmin : 2008年4月07日 12:22

「春爛漫」

「木のもとに 旅寝をすれば吉野山 花のふすまを着する春風」
雑誌に紹介されていました歌、心を引かれて、メモしたものの
歌人の名前を記するのを忘れました。日本の風情。この国に生まれてよかったと思う季節です。
写真は金剛診療所の近隣にあります狭山神社境内と自宅の近隣の春のご紹介です。
は~るのウララ~の♪♪ですね。 素敵な春のひと時をお過ごしください。
080406a.jpg080406b.jpg
080406c.jpg080406d.jpg

投稿者 mtadmin : 2008年4月06日 12:05

いつもインプラントのお話ですが。(堺一条だより)

3月22日お昼にパパママ教室を開催しました。
まず親御さんには足立先生から虫歯予防と歯ブラシの方法で、
よく患者様から質問の多い生え変わりについて映写機を使ってお話して頂きました。
お子さんたちはスタッフと一緒に歯科器具に触れてみたり説明をうけたりして、
話が終わるまでに一人一人歯ブラシの練習をします。
話が終わりますと親御さんも診療室に入室され、
お子さんとスタッフと一緒に仕上げ磨きをしてもらいました。
参加していただきましたご家族も我々スタッフも非常に有意義で楽しい時間を過ごせました。
                        (西村歯科 堺一条診療所 秦 哲秀)

いつもインプラントのお話が多いですが、各診療所ではいろいろな催しを行っています。
今回は、堺一条診療所だよりです。(西村)


080402c.jpg080802d.jpg

投稿者 mtadmin : 2008年4月02日 0:24

骨幅4mmに直径4mmのインプラントを。(心斎橋・村上assist)

骨幅が狭く4mmほどです。
従来のインプラントだと断念していましたが、
骨幅を広げながら入っていくインプラント「Speedy Implant」の登場で
骨移植をしなくても埋入が出来るようになっています。
日本での販売も夏頃とか、待ちどうしいですね。
080401a.jpg080401b.jpg
080401c.jpg

投稿者 mtadmin : 2008年4月01日 18:48

難度三つ☆ 左右のサイナスリフト(堺一条・秦assist)

顎堤が大きく吸収しています。
そのためサイナスリフトをするための頬骨壁にアクセスが難しくなります。
患部の大事なところは術者しか見えずアシスタントにはほとんど見えません。
でもアシストは秦先生と熟練の中尾衛生士ですから安心です。
力を出し尽くせるようインプラント埋入は秦先生にお任せです。
080401d.jpg080401e.jpg

投稿者 mtadmin : 2008年4月01日 15:07

ページトップへ

Profile プロフィール

医療法人 西村歯科 理事長

Category Archive カテゴリ

Monthly Archive 月間アーカイブ

  • LiCCAで行っている治療の流れ
  • セカンドオピニオン
  • 治療費とトリートメントコーディネーターのご案内
  • よくある質問
  • 医院概要
  • 書籍・メディア情報
  • 理事長日記
  • スタッフブログ
  • 採用情報
  • UNDER ARMOUR

Copyright © Nishimura Dental Clinic. Rights Reserved.