トップページ > 理事長日記 

理事長日記

理事長日記

8月の思いでに 「ゆっくりとした南の海♪」

波を見ていると気持ちが落ちつきます。
波にゆられているとゆったりとしてきます。
波の上を漂っていると緩んでいた筋肉が活躍を始めます。
暑い夏が過ぎようとしていますが皆様は2007年の夏、どのような夏でしたでしょうか。
鋭気を養いまして、また診療に励めることが楽しみです。
070831c.jpg070831d.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年8月31日 13:38

入れ歯は入れずにお過ごしでした。(金剛・金子 執刀)

そのため上の歯が伸びて下の歯が入る隙間が少なくなっていました。
上の歯の「被せ」をやり直して歯の長さを調整します。
4本の歯の欠損を手前から3本のインプラントを入れ、奥に1本延長のブリッジで対応します。
これは一番奥は歯の入る隙間が少なく調整しやすくするためです。
070831e.jpg070831f.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年8月31日 13:20

今日は患者さん体験ですね。(谷町)

医療従事者の方ですので、今日はいつもとは反対の患者さん側ですね。
恐がりの方ですので極力治療中痛みのないように気をつけていたしますね。
私も恐がりで痛がりですのでお気持ちよくわかります。
今回は抜歯も同時に致します。骨の傷みも激しく大きく吸収しています。
そこは骨造成もして、外科治療を一度に済ませます。
どうぞ歯ができた記念日には、素敵なレストランに出かけることを楽しみにして下さい。
070831a.jpg070831b.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年8月31日 12:32

インプラントは入れたところから歯として活躍します。(金剛・古市 執刀)

欠損部位が多くある場合でも、同時に全てをインプラントにすることもありません。
インプラントは「入れたところから噛めるようになる」と考えて良いと思います。
今回は2本の歯をお作りします。まずは左でよく噛めるようになって頂けます。
070830a.jpg070830b.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年8月30日 13:39

入れ歯は入れずに過ごされていました。

「入れ歯を入れると他の歯を傷めそうで入れていません。」
そのお考えは実は賢明で、長い目で見れば入れ歯のバネが健康な歯を傷めてしまいます。
それにしましてもお食事はご不便だったかと思います。
「いつかインプラントをしようと思っていまして」
骨質はいたって良好です。2ヶ月で歯が入ります。
どうぞ楽しみになさってください。
070828e.jpg070828f.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年8月28日 19:20

手前は神経を避けて斜めに、奥は真っすぐにしっかりと(金剛 瀬浦&西村執刀)

手前の部位は抜歯したところにため、骨があまりありません。
神経も近くにあるため、危険を回避するため斜めに入れています。
事前にCTレントゲンで骨形態を診て診断しています。
奥の大臼歯用インプラントと連結することでしっかりとなります。
それほど緊張もなさらず治療は終了。ご協力ありがとうございました。
070828a.jpg070828b.jpg
070828c.jpg070828d.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年8月28日 18:24

骨造成したところに 追加埋入です

奥はサイナスリフト(上顎洞内骨移植)で骨を造りインプラントを埋入しています。
この部分は現在立ち上げて仮の歯が入りましたので噛むことのご不便はなくなりました。
前歯部分ですがここも骨がまったくなく骨の幅や高さを造っていました。
今日はそこへ埋入です。
骨質が弱い方ですので大事をとって多めにいれています。
120%の安心を。
070827i.jpg070827j.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年8月27日 19:33

歯肉の審美を考えて開発された「ノーベルパーフェクト」

前歯の2本、審美を要求されるところです。
インプラントを2本連続で入れると、普通インプラント間の歯茎部分に隙間ができます。
いわゆる歯槽膿漏が進んで歯の根元に隙間ができた時のようになってしまいます。
これを防止するためにインプラントの形を歯肉を支える形にしたのが「ノーベルパーフェクト」です。
埋入位置が歯の審美に影響するため、仕上がりを想像しながら埋入します。
納得する位置に収まりました。仕上がりが楽しみですね。
070827c.jpg070827d.jpg
070827e.jpg070827f.jpg
070827g.jpg070827h1.jpg
070827h2.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年8月27日 19:12

今回は、右下1本埋入です。(堺一条 秦 執刀&文)

6ヶ月前に左下にインプラントの埋入手術をして問題なく使って頂いています。
今回は右下の一番奥の歯が調子が良くないとのことなのでインプラント手術を行いました。
親知らずが骨の中にあり、隣の歯に影響を及ぼしてはいますが、
この親知らずを抜くと隣の歯も危うくなるので、今後の予後を考えて今回は一本だけ埋入しました。
後ろの歯がだめになったら、また追加に埋入させて頂く予定です。
070827a.jpg070827b.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年8月27日 16:06

8月18・19日 サイナスリフトセミナーin 心斎橋

熱心な先生方に囲まれサイナスリフトセミナーが行なわれました。
大阪の気温は猛暑が続いていますが会場はその熱気に負けずの先生方にご参加いただきました。
ご協力頂きました患者様に、あらためてお礼を申し上げます。
ありがとうございました。治療はすこぶるいい感じで終えることができました。
ご参加の先生方へ、お忙しいなかご遠方からのご参加ありがとうございました。
サイナスリフトの勘所をまとめてお話できたかと思います。
これを機会にさらなるご健勝をお祈り致します。
それぞれの患者様のお役に立てますことを心より願っております。
070818a.jpg070818b.jpg
070818c.jpg070818d.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年8月19日 20:13

ワン・デイ・ティースで感動。

上顎総インプラント、本日歯が入ります。下顎も埋入です。
今日は東京から「画像診断ソフト」でお世話になっている横河マテリアライズの方々がお越しでした。
この会社は、インプラントの即日荷重のための診断などをサポートしているところですが、
実際に当日歯が入るのを見られるのは初めてとか。
強く感動されているのを見て、こちらも感動です。
患者様はご遠方からのお越しですので今日はホテルでご宿泊です。
どうぞゆっくりなさってくださいね。
070816a.jpg070816b.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年8月16日 19:56

優しいご主人の応援もあって

お盆ということもあって、ご主人もご一緒にご来院頂きました。
最良のサポーターはやはりご主人ですね。
この部位は本来骨移植が必要なケースです。
なんとか、骨移植を回避するため骨を捜して傾斜埋入をします。
幸い裏側に骨がありました。(図1)
オペ終了後、「よく寝ていました。今から食事ができますか?」のご質問。
「麻酔が効いていない方でゆっくりお食事なさってくださいね」
4ヶ月後、歯が入る時にはぜひまたご主人様とお越し下さい。
そのときはお帰りにワインで乾杯、美味しいお食事もできますよ。
070814a.jpg
070814b.jpg070814c.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年8月14日 18:23

お盆でもありますので、ご家族も応援に

ご遠方からということもあり、奥様とお嬢様も応援でお越しいただきました。
ほのぼのとしたご家族でいいですね。
以前、ご近所でなさったインプラントがダメになりあらためてインプラントをさせて頂きます。
骨にダメージが残っていますが、条件のいいところを捜して入れます。
歯槽骨に大きな陥没があるためご心配をかけていましたが、
ご家族のお気持ちにお応えできるような治療ができました。よかったです。
070813a.jpg
070813b.jpg070813c.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年8月13日 18:04

暑中お見舞い申し上げます。

070810a.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年8月10日 21:09

LiCCAセミナー 『ブリリアンカットの輝きを』

58面体のブリリアンカットがまぶしく輝くのはどうしてでしょう。
ペンライトであれば58個揃えてもダイヤのような輝きをしません。
何が違うのでしょう。調べてみました。
ダイヤは外から入った光がダイヤの中から出る時、
波長の長い光はそのまま出ても波長の短い光は外に出られず
内側に戻され何度か反射しながら出て来るため光輝いて見えるようです。
 
私たちLiCCAチームも同じことが言えます。
外に向けて何ができるのかを誇示するのではなく、内に向かって、いまお越しの患者様に向けて、
できる限りの最高を尽くせるようにすることが本当の輝きなんだと思います。
そしてそのためには今何ができるのかを皆で話合いました。
充実した時間を過ごせました。
患者様に喜んで頂けることを喜びにこれからも楽しく診療に励みたいと思います。
これからもLiCCAが輝けますよう、どうぞご指導頂けますようよろしくお願い致します。
070808a.jpg070808b.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年8月08日 21:03

左右 術式が違います

左は骨幅があるので無切開で埋入します。
右は骨幅が細く、無切開では危険なため少し切開します。
最大の安全と最小の外科を目指します。
070807a.jpg070807b.jpg
070807c.jpg070807d.jpg
070807e.jpg070807f.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年8月07日 15:35

やわやわの柔い骨でした。術前グラフでなんとか予想をします。

骨質としてはほとんど空洞状態です。
直径2ミリの入り口を作るだけで、5ミリのインプラントが入っていきます。
インプラントの成功、不成功を分けるのはインプラントが骨にしっかりとまるかどうかで決まります。
普通は20ニュートン以上の力で骨にとまることが必要ですが、
今回は特殊なインプラントを使用、5ニュートンでとめています。
今後の身体のことも考え、カルシウムのサプリメントの服用もお勧め致しました。
070806k.jpg
070806l.jpg070806m.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年8月06日 20:54

事故で歯を失われました

骨の状態も回復されていますが、まだ形態や骨質は完全ではないようです。
下の前歯は幅が小さいため、この部位用の細いインプラントを使用します。
骨造成も同時に行ない歯茎の形を整えます。元にあったような審美的な歯に向かいます。
070806a.jpg070806b.jpg
070806h.jpg070806i.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年8月06日 15:26

8月4日・5日 佐藤直志先生 歯周セミナーを開催

佐藤直志先生の著書はいずれも世界各国の言語に訳され、ここ10年ベストセラーとなっています。
その世界でも著名な佐藤先生のセミナーを開催させて頂きました。
大阪セミナーも10回を越え恒例となりました。
当院のスタッフも全員参加し勉強させて頂きました。
ユーモアを交えて和気あいあいの2日間セミナーが楽しく過ぎました。
この日は淀川や宝塚での花火もありミッドサマーの感じがたっぷりでした。
070804a.jpg070804b.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年8月04日 14:58

ブリッジで歯を造ります。

本来3本のインプラントが必要ですが、
今回は2本のインプラントで歯冠を3歯造ります。
2本にした理由は、歯ぎしりや食いしばりの癖がないこと、
咬筋から診て噛む力がそれほど強く無いこと、骨量、骨質がしっかりされていることなどです。
最小の本数で最大の効果を考えます。
ワイドのインプラントが埋入でき咬合力に耐えられる構造にできそうです。
070803a.jpg070803b.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年8月03日 14:51

オール・オン・フォーで即日荷重です

インプラントを埋入し、即日に歯を装着する即日荷重方式です。
これにはインプラントの固定度が40ニュートン以上という条件があります。
これは事前にレントゲンでは判断できないため埋入したその場で判断します。
そのため骨質が柔く即日荷重をあきらめるケースも希にあります。
願う気持ちでオペに入ります。
4本いずれも 硬い固定が得られました。
スタッフみんなに安堵の笑顔です。今日からここは入れ歯から解放されます。よかったです。
070802e.jpg070802f.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年8月02日 17:07

まずは下の前歯です

この部位には2本を埋入することで5本の歯冠を補います。
入れ歯から解放されます。
最小の本数で最大の効果が得られました。
全体を考えたとき上顎にもインプラント治療が有効ですのでオールオンフォーをご検討中です。
070802c.jpg070802d.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年8月02日 14:43

泉北診療所 西村弘二先生と一緒に

泉北診療所の患者様です。
「泉北西村歯科」の院長、弘二先生と一緒にオペです。
今日は阿部歯科さんより衛生士さん達も見学に来て頂いていました。
この部位は、長期にわたり歯が無かったため上の歯が伸びています。
そのため歯の入る隙間が少なくなっていますので、補綴を造る時に工夫が必要です。
補綴は弘二先生に作って頂きますので詳細を打ち合わせしました。
070802a.jpg070802b.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年8月02日 14:33

ページトップへ

Profile プロフィール

医療法人 西村歯科 理事長

Category Archive カテゴリ

Monthly Archive 月間アーカイブ

  • LiCCAで行っている治療の流れ
  • セカンドオピニオン
  • 治療費とトリートメントコーディネーターのご案内
  • よくある質問
  • 医院概要
  • 書籍・メディア情報
  • 理事長日記
  • スタッフブログ
  • 採用情報
  • UNDER ARMOUR

Copyright © Nishimura Dental Clinic. Rights Reserved.