トップページ > 理事長日記 

理事長日記

理事長日記

本日は7名の方にカウンセリングにお越し頂きました。

カウンセリングは私たち歯科医師と歯科衛生士が2名でチームを組み、お話をお伺いしています。
歯科医師が具体的な診断を、歯科衛生士が費用や治療期間を、
患者様の多様なご希望をお聞かせいただきながら、参考計画を立てさせて頂いています。
本日は充分なご理解をいただけましたでしょうか。
ご理解を深めて頂くために、2度3度のカウンセリングもお受けしています。
いい歯ができ、素敵な食事タイムを取って頂けますよう願ってやみません。
070629e.jpg070629f.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年6月29日 21:33

珍しく、タイプⅠの骨質です。

骨質の硬さを現す表示にタイプⅠーⅣがあります。
硬い骨から柔い骨に向けてⅠーⅣとしています。
上顎の奥のところは柔い骨:タイプⅣよりまだ柔いのが普通です。
ところが今回はすべてがタイプⅠです。
20年近くインプラントをしていてこの部位でタイプⅠを経験するのは初めてです。
ある意味感動でした。
7番部位は大きく骨の陥没がありそこを避けて入れています。
070629c.jpg070629d.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年6月29日 20:17

骨質良好。骨幅は7ミリもあれば充分良好?

難症例が最近続きますので、骨幅7ミリは条件が良く感じます。
実際は直径5ミリのインプラントを入れますので、
7ミリの骨幅は充分とは言いがたいですが楽に感じます。
反対側は以前、サイナスリフトも行ないインプラントをさせて頂いたところです。
「オペが終わりましたよ」スタッフのこの声掛けに
「えっ、もう終わったんですか。今回は寝る間がなかったですね」
患者さんの声にみんな笑いをさそわれました。
070629a.jpg070629b.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年6月29日 20:05

極細の骨幅のオペが続きます。

下顎前歯部は口腔内では骨質の一番硬いところです。
ですが、長期に歯が無いため、骨が萎縮し細くなっています。
この部位は普通、骨幅が薄くてもインプラントの先端になるところには骨幅が太くなります。
しかし今回はほとんど薄いままです。
即日荷重という、その日に歯を入れる術式がありますが、
なかなか日本人では欧米人のようにがっちりした骨上条件のかたは少ないようです。
070626a.jpg070626b.jpg
070626c.jpg070626d.jpg
070626e.jpg070626f.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年6月26日 15:01

サイナスリフトと上顎総インプラント(心斎橋 西村・和島執刀)

前歯部の残存骨は骨幅2-4mmと極細です。
この幅にインプラントを埋入します。
Speedy Implantは このようなケースのために開発されたと言えます。
埋入できた後、骨を増強するため骨補塡材で、骨幅の造堤を行なっています。
サイナスリフト(上顎洞内骨移植)はPRP(自己血液による細胞成長因子)を使用しています。
これでより骨の活性を期待します。
また奥のインプラントは傾斜埋入もおこない残存骨を最大限に利用しています。
070625d.jpg
070625e.jpg070625f.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年6月25日 18:10

3ヶ月前抜歯 ご高齢ですが早い治癒です

抜歯後自然治癒を待って3ヶ月。
思ったよりも治癒しています。
といってもまだ抜歯したホールの形が残っています。(図1)
このホールにインプラントを入れるとインプラントが骨幅からはみ出すため、
半分位置をずらします。(図2)
これでインプラントの半分がもともとある骨に留まり安定します。(図3)
070625a.jpg070625b.jpg
070625c.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年6月25日 17:54

オール・オン・フォー

下顎です。前歯を抜歯させていただき、4本のインプラントを埋入。
即日荷重で歯をお作りします。
骨質と骨形態の条件がよければ最小のインプラント数、4本で総インプラント義歯が作れます。
患者様は循環器系に機能疾患があるため、
外科治療には気を遣うため難しさはありますが幸い骨条件はよいと言えます。
歯の方は歯周病で排膿していたためその難しさもあり時間がかかりました。
歯の方は秦先生が早急に作製したものを装着いたしました。
070623c.jpg070623d.jpg
070623e.jpg070623f.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年6月23日 17:29

上顎の奥、口腔内で一番柔いところです。(心斎橋 村上 執刀)

慎重にインプラント窩の形成を行ないます。
インプラントの骨への初期固定度がゆるいと、骨が生着せず脱落してしまいます。
柔い骨に対してはこの初期固定が得られるように工夫が必要になります。
この部位では形成窩の大きさとインプラントの径のギャップを大きくして固定を得ています。
またインプラントの長さを確保するためやや傾斜をしています。
070623a.jpg070623b.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年6月23日 17:16

「簡単と思ったら、より慎重に」

最近、自分に課している言葉です。
今日は下顎です。抜歯と同時にインプラントを入れます。
上顎に比べてイージーケースです。と思っていましたが、
向かって左は骨幅が狭く15mmの長い目のインプラントが先端でやっと留まる状態でした。
向かって右は抜歯窩が思ったより大きく残存骨を求めての傾斜埋入です。
「1本でも10本でも心の準備は同じです」師:小宮山先生の言葉を思い出します。
いい歯の入る日を楽しみにしています。
070622a.jpg070622b.jpg
070622c.jpg070622d.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年6月22日 14:31

サイナスリフトと下顎へインプラント(堺一条 秦 執刀)

下の奥です。ここは抜歯後、充分に治癒されている状態でしたので硬い骨になっていました。
レギュラーサイズとワイドサイズを埋入。これは小臼歯用と大臼歯用です。
下歯槽管神経が近くを走行しているため短めのインプラントを選択しています。
上顎はサイナスリフトで上顎洞へ骨移植です。
安全を徹するためピエゾー(超音波骨切削器)を使用、きれいに洞底のリフトアップができました。
070619a.jpg070619b.jpg
070619c.jpg070619d.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年6月19日 18:14

8ヶ月前サイナスリフトをしています

今日は上顎の総インプラント。
もともとの残存骨がほとんどなくサイナスリフトをした造骨部の骨に頼るところです。
従来法としての10本インプラントを入れています。
これは骨質に不安がある場合や、
噛み癖に「くいしばり」や「歯ぎしり」がある場合にしっかりした本数で対応します。
070618c.jpg070618d.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年6月18日 14:08

インプラント埋入と、即日に歯をいれます

患者様のご希望により、今回に先駆け奥にはインプラントと仮歯が入っています。
今日の部位は前歯。歯槽膿漏で歯茎が腫れています。
傷んでいる歯を抜歯、歯茎が腫れていますのできれいに浄化することに時間をかけます。
治療中歯が無くなることのないようにというご希望で即日インプラントで固定の義歯をお作りします。
070618a.jpg070618b.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年6月18日 14:00

両側サイナスリフトと、できれば埋入も

上顎の奥歯。両側とも上顎洞が大きいため骨がありません。
骨が全くない、向かって左は、まずは骨移植だけします。
インプラントを留めることのできる骨が少しでもある、
向かって右側は、骨移植と同時にインプラントの埋入も行ないます。
機能疾患がある方ですので麻酔医の管理のもと気をつけて行なっています。
070616d.jpg070616e.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年6月16日 15:55

上顎の奥の歯茎に10年来 原因不明の痛み

他院にてこの「痛み」の治療として抜歯やインプラント治療をされてきましたが、
痛みがとれず現在にいたっておられました。
今回インプラントの機会に麻酔診断をさせて頂くと、上歯槽神経の神経痛のようです。
確定した治療法はありませんが患部がわかれば気分的に落ちつきます。
他院でのインプラントが骨吸収を起こしていますのでその治療も行ないます。
新しく埋入したインプラントは「ソケットリフト」を行ない、
インプラント先端の骨を2-3mm造骨しています。
070616a.jpg070616b.jpg
070616c.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年6月16日 15:41

本日はそれぞれ3医院でオペです

私は金剛にて平山先生チームに参加しています。
「治癒期間中も入れ歯は絶対入れたくないです」
というお気持ちを尊重して、現在残っている歯を利用して、
固定の仮歯をお作りしています。
そのため、歯と歯の間にインプラントを入れますが
いずれも骨幅が極端に薄く2-3ミリ。力の入る症例です。
入れ歯に代わるインプラントを。
お気持ちにお応えできるよう一同、力を合わせます。
070615a.jpg070615b.jpg
070615c.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年6月15日 14:56

歯を抜くほうが痛い?(心斎橋 和島 執刀&文)

開口量が少ない患者さまで、それがやや大変でした。
骨幅、下歯槽管までの距離もあったため13ミリのインプラントを埋入しました。
翌日から出張のため腫れることを気にされていましたが、腫れなかったということで私もひと安心。
患者様はインプラント手術より歯を抜くほうが痛いですよねとおっしゃっていました。
070614a.jpg070614b.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年6月14日 13:52

ブリッジにしていると負担がかかります

そのために歯が動揺をきたしてきました。
ここの中間歯をインプラントにします。
歯を失って長期になるため歯槽骨が痩せています。
そのためインプラントの一部が骨面より露出しています。
インプラントが骨面より露出すると歯槽膿漏になりやすいと言われていますが、
タイユナイト加工の、このインプラントは画期的にも歯茎にも生着するため安心して使用できます。
070612h.jpg
070612i.jpg070612j.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年6月12日 20:38

2本 どちらも傾斜して埋入です

手前のインプラントは口蓋側に傾斜しています。(CT写真で確認)
抜歯したときにすでに頬側の骨が吸収、無くなっています。
骨補塡をして形だけ戻っていますがまだ骨質は柔いため、
硬い骨を求めて口蓋側に傾斜しています。
2本目は上顎洞があり、回避するために傾斜しています。
070612c.jpg070612d.jpg
070612e.jpg070612f.jpg
070612g.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年6月12日 20:25

ずっと歯が無かったので1本だけでも復活を(金剛 古市執刀)

第1大臼歯と第2大臼歯が欠損です。
第2大臼歯は根っ子だけが残っていましたので先日抜歯しています。
歯冠部分は長く無かったためこちら側では長く噛まれていないようでした。
今回は第1大臼歯部分にインプラントをさせて頂きました。
070612a.jpg070612b.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年6月12日 19:32

歯が摩耗しています。しっかりしたインプラントが必要です。

インプラントが傷む原因の一つが過剰負担です。
歯ぎしりやくいしばりの癖がある方は昔はインプラントは適応ではありませんでした。
現在はインプラントの強度が増し、骨との生着も強くなり歯ぎしりに対応できるようになりました。
ただし、咬合の当て方で問題が起こらないように工夫をします。
歯を観察するとこういったサインが見えます。谷町の患者様です。
070611g.jpg070611f.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年6月11日 13:11

今日は下顎です、最小で最大の効果を(谷町の患者様)

小臼歯部分は抜歯して埋入します。
抜歯窩とインプラントの間には隙間がありますので、そこには骨補塡材を埋めます。
大臼歯部分はしっかりした13mmです。
以前入れました上顎は調子が良く喜んでいただいています。
070611c.jpg
070611d.jpg070611e.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年6月11日 13:00

いつもお世話になっている先生です

3ヶ月前に抜歯、骨造堤をしていますが骨質はまだ柔い状態です。
元々の母骨にインプラントの先端半分を留めてしっかりとさせています。
このケースのように母骨がなければ、
抜歯後、半年以上は待たなければできませんので、まだラッキーでした。
070611a.jpg070611b.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年6月11日 12:42

骨質、骨量とも良好な方です(心斎橋 和島執刀&文)

骨密度がよい為に骨が硬く条件の良い骨質です。
両側2本づつの埋入でしたが、CTで確認していた通り骨幅もあり、
オペ時間も1時間少しで終わりました。
患者様も、もう終わったのという感じでした。術後、鎮痛剤を飲むほどの痛みもなかったそうです。
070609a.jpg070609b.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年6月09日 13:41

「以前は楽でしたので、今回も眠りながら」

2本だけですと30分ほどで終わりますが、ご希望によりまして
麻酔医の玉崎先生に鎮静をかけていただきました。
上顎洞が近いため、残存骨をムダなく使い8.5mmと13mmのインプラントが入りました。
4ヶ月前に抜歯して骨造堤をしていますので、まだ骨質は柔い状態です。
それをカバーするために上顎洞底の硬い骨のところにインプラントの先端を留めています。
070608c.jpg070608d.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年6月08日 15:26

最後に1本残っていた他院でのインプラントですが脱落

この1本以外はすでに当院で入れ替えを終了していました。
1つでも残したい気持ちで使用頂いていた1本が脱落。
新しいインプラントを入れます。
骨質はいたって柔い状態ですのでやはり難しい部位です。
口蓋の硬い骨を利用して固定を得ました。転院頂くまで3年ほどインプラントで苦労されていました。
これで心配なところはなくなりましたね。
070608a.jpg070608b.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年6月08日 15:18

雑誌デンタル・インテリアに掲載されました。

歯科メーカー・モリタさんに金剛診療所を紹介して頂きました。
金剛の設計は心斎橋インプラントセンターの設計をお願いした「鬼田先生」です。
コンセプトを「カジュアル&ファミリー」と依頼して作っていただきました。
患者様にはとても好評です。
ハードに負けないソフトでも喜んでもらえるよう励みたいと思います。
070607e.jpg070607f.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年6月07日 14:59

以前の下が調子がよく、上もご希望頂きました

3ヶ月前抜歯、骨補塡材をしています。
3ヶ月と言えばまだ骨は充分硬くなっていません。
もともとの残存骨にインプラントの固定を求めています、造った骨のところは補助的な骨と考えます。
上の一番奥はとても見にくい部位です。
感覚を研ぎすましての埋入です。
070607c.jpg070607d.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年6月07日 14:31

1つはソケットリフト。1つは抜歯して埋入です

上顎洞がすぐ近くにあるため、洞底を2-3mm持ち上げてインプラントを埋入します。
これをソケットリフトと言います。
残存骨は6mm、ソケットリフトをして8.5mmのインプラントを入れました。
もう1本は抜歯後、骨がないため口蓋側に骨を探して埋入。
当直明けのためフラフラでご来院いただきました。
ぐっすり寝て頂きながらの治療となりました。
毎日ご苦労様です。
070607a.jpg070607b.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年6月07日 12:40

右下6番 インプラント1本埋入(金剛 平山執刀&文)

右下の奥歯が2本無い状態です。
本来なら2本インプラントしたいのですが、
患者さんの都合で、何年かたった後に必要だったら残りの奥歯もしたいとの事でした。
本日、奥歯に大臼歯タイプのインプラントを1本入れさせて頂きました。
骨は非常にしっかりしていたので、2ヵ月後には歯が入る予定をしております。
070607g.jpg070607h.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年6月07日 12:38

1年前に骨造堤 前歯特有の難しさがあります

造った歯槽骨のほとんどが人工骨です。
人工骨は自家骨に比べもろいものです。
前歯部分は骨幅が薄いため、骨に強度を期待するときやや力不足になります。
インプラント埋入はできましたが骨全体に強度を持たせる工夫が必要でした。
埋入後、骨の成熟を待ちましょう。
070606a.jpg070606b.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年6月06日 15:04

オペ後 涙目で喜んで頂きました

他医院で何度かインプラントがうまくいかず、当医院で再挑戦のオペです。
骨量がほとんどないことと、インプラントの脱落のため骨が傷んでいます。
上顎洞移植も再治療としてフォローしていきます。
ほとんどあきらめておられましたので、
オペ終了後期待以上にうまくいったことをお話しすると涙ながらに喜んで頂きました。
こちらこそ術者冥利につきます、いい歯が入るまでがんばってください。
070605c.jpg070605d.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年6月05日 16:14

咬合崩壊はドミノ倒し的にやってきます

奥歯を1-2本失うと、反対側で噛むことが多くなり反対側の歯が失われます。
奥歯を失われるケースでは、結果的には必ず左右の奥歯が失われます。
このまま放置すれば次は前歯が傷みます。それも上の前歯が負担を背負いやすく揺れてきます。
それを咬合崩壊と言いますが、このドミノ倒し的な連鎖を防ぐことができるのがインプラントです。
強固な歯が入りストッパーとして働きます。
070605a.jpg070605b.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年6月05日 16:03

ご年配の方ですが、スイミングとゴルフとお食事が大好き。見習いたいです。

元気印のかたで、羨ましい限りです。
ご友人からのご紹介で来院頂きました。
下の奥の歯ですが治療ご説明後、二つ返事で快諾頂きインプラント治療に入りました。
骨質も良好でしたので、しっかりとした歯が入ります。
ますますお元気になりそうで楽しみですね。
070604c.jpg070604d.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年6月04日 12:29

今日は1本だけですが麻酔医の管理下で・・

インプラント治療は慣れてられますが身体に不安がありますので
大事をとって麻酔医のコントロール下で行ないます。
下の4番の部位。骨幅が薄くやや気を遣いました。
以前埋入したこの奥のインプラントは今日から使用できますので、
またここのインプラントが立ち上がるときはつないでいきます。
070604a.jpg070604b.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年6月04日 11:10

シンプラントセミナー in マイドームOsaka

講演:当医院 衛生士主任 岡崎 玲子 & 西村 眞
インプラントの術前計画をコンピューターのなかで行なう、
インプラントシミュレーション画像ソフト:シンプラントの講演です。
岡崎は衛生士として患者様とのかかわりのお話をさせていただきました。
60名を超える先生方ですが岡崎の話にうなずく方や、熱心に耳を傾けていただいたりで
楽しくお話ができました。
私たちの経験が少しでも多くの患者様のお役に立てば嬉しい限りです。
070603a.jpg
070603b.jpg070603c.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年6月03日 0:21

抜歯と即時埋入 大きな大きな抜歯窩です

抜歯して骨造成をし、その後インプラントをするのであれば、1年以上かかるケースです。
それだけ大きな陥没ができています。
今回はインプラントの先端をなんとか残存骨に止めることができました。
陥没のところは骨補塡をして骨を造骨します。
この方法であれば4ヶ月もあれば歯が入り完成しますので良かったですね。
070602e.jpg070602f.jpg
070602g.jpg070602h.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年6月02日 16:38

バラエティーのある骨条件です

そのため、いろいろのインプラントを選択しています。
長いインプラント。
先細りのインプラント。
切りかき能力の優れているインプラント。
骨を広げて進むインプラント。
治癒期間中は歯を土台にした固定の仮義歯が入っています。
070602a.jpg070602b.jpg
070602c.jpg070602d.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年6月02日 14:14

抜歯窩は活性が良く 骨が早くできます

抜歯窩には歯根膜由来の細胞のお陰で骨の活性が盛んです。
ですから2ヶ月もすれば骨が出来始めます。
ところが、同じ抜歯窩でも骨も傷んでいるときはなかなか骨ができません。
ここは半年も前に骨補塡材も入れ治癒を待ちましたが、柔やわの骨です。
抜歯した時、骨も大きく傷んでいたからです。
硬い骨のところを探してことなきを得ました。
070601e.jpg070601f.jpg
070601g.jpg070601h.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年6月01日 13:59

下顎の両方の奥歯をインプラントにて回復します。(金剛・平山 執刀&文)

下顎に5本のインプラントを入れさせて頂きました。
左下の奥から2本目のインプラントは、抜歯と同時にインプラントを埋入。
レントゲンで見る限りでは、歯の根っこが少し残っているだけと思いましたが、
実際は結構長い残根でした。
金剛診療所に導入されたCTレントゲンから診断し、
予定より少し長いインプラントを埋入する事でしっかりした固定を得ました。
右の一番手前のインプラントも骨が殆どなく、難しい状況でしたが、
3次元的にCTで解析する事でインプラントを入れることが出来ます。
技術だけでなく、最新の設備の導入を怠らないことで、
患者さんにより良い治療を提供できる事を喜ばしく思いました。
070601a.jpg
070601b.jpg070601c.jpg

投稿者 mtadmin : 2007年6月01日 0:04

ページトップへ

Profile プロフィール

医療法人 西村歯科 理事長

Category Archive カテゴリ

Monthly Archive 月間アーカイブ

  • LiCCAで行っている治療の流れ
  • セカンドオピニオン
  • 治療費とトリートメントコーディネーターのご案内
  • よくある質問
  • 医院概要
  • 書籍・メディア情報
  • 理事長日記
  • スタッフブログ
  • 採用情報
  • UNDER ARMOUR

Copyright © Nishimura Dental Clinic. Rights Reserved.