トップページ > 理事長日記 

理事長日記

理事長日記

お休みを頂き家族とハワイに行ってきました。

家族で旅行するのは3年ぶり。スタッフのみんなに仕事をして頂きながら、自分だけゆっくりするのは申し訳なく思いつつも、「充電」はいい仕事をするためにも必要と理由を付けつつ、現地では全てを忘れて満喫です。目の前のビーチではボディーボードに身を任せ、砂浜に引いては寄せる波を楽しみ、疲れたらベランダで好きな読書をひもすがら。ゆっくりする時間を過ごすと不思議と、仕事をする楽しさとスタッフの笑顔が浮かんできます。パワーアップです。この力また診療に生かしたいと思います。

投稿者 mtadmin : 2006年8月28日 11:03

26日 27日  毎年、年2回行われるOJの会。今年は大阪でありました。

26、27日と2日間 OJ(オッセオインテグレーション・ステディクラブ・ジャパン)の会が開催されました。この会は我が師匠小宮山先生のお力沿いにより、アメリカにある同名の会より設立された会で、日本の若手の先生を中心にインプラントを通じてみなで勉強しようとする会です。日本の多くのスタディクラブが参加される興味深いものです。わたくしも縁があり、年の功もあり役員をさせて頂き座長としてコメンテーターをさせていただいていました。情報が氾濫するインプラント界にあって、実際に臨床に役立つ情報収集という意味で大変存在感のある会でした。

投稿者 mtadmin : 2006年8月26日 11:03

男性 予定変更 即日荷重のインプラント義歯を入れることにしました。

上顎総インプラントです。埋入が終わるまでは、今日は今までの入れ歯をお入れして帰って頂く予定でした。しかし骨質が良好でインプラントがしっかり入りましたので「ワンディ・ティース」を入れることにしました。今までお使いの義歯を加工することで、固定のインプラント義歯に改造します。お迎えの方が2時に起こしの予定です。限られた時間を逆算して加工を始めます。スタッフの協力があり速やかに歯が出来ました。これは嬉しい誤算。今日から固定の歯で食事をして頂けます。

投稿者 mtadmin : 2006年8月25日 11:03

 男性 2本のインプラントが生着、ここを使って固定の仮歯を入れます。

仮歯を入れて食事にはご不便のないようにさせていただき、骨改造した部位にあと2本追加させて頂きます。骨質が柔いと骨を改造するワンステップが必要なケースがあります。良質の骨のところには、先に歯が入りますので長引く治療期間のご不便を解消できます。

投稿者 mtadmin : 2006年8月23日 11:03

女性 古い形式の「かぶせ」は、95歳で亡くなられたお父様の治療でした。

インプラント義歯を入れる際せっかくですから、理想的に入れたいものです。そのためインプラント義歯と咬み合う上の古い形式の歯も、この機会に治療をやり治したものかとお話しすると、義理のお父様の治療ということで驚きます。この形式は「たたき出し」という形式で20年ほどまえにはなくなっていますので、よほど丁寧にされたからこそ今まで持っているかと思います。この治療に負けないよう私たちも心がけたいと思います。

投稿者 mtadmin : 2006年8月23日 11:03

女性 今年1月にサイナスリフトをしてます。

早いもので8ヶ月経ちました。今日は以前と違って骨を作るのではなく、インプラントを入れる治療ですから、一歩前進、楽しみです。鎮静下で寝て頂きながらします。サイナスリフト部分(上顎洞内)はまだ骨質は柔い状態でした後半年で歯が入ります。一歩ずつですが堅実にゴールに向かいます。

投稿者 mtadmin : 2006年8月22日 11:03

 女性 幅の薄~い歯茎です 難しさ「2つ☆」です。

歯を失ってから長年経つと骨が萎縮を起こします。そのため幅の細い骨になっています。幸い インプラントの先端が入る部分、基底部といいますがそこにはインプラントを支えるだけの幅がある骨がありました。患者様には、はじめは見慣れないオペ室に戸惑っておられましたが治療中はゆっくりとして頂いたようです。骨質は大変いい状態でした。

投稿者 mtadmin : 2006年8月22日 11:03

男性 いつも明るく、楽しげに定期検診にお越しいただきます。

平成10年、最初のインプラント治療をさせていただきました。その後、少しずつ歯がだめになってインプラントに換えています。天然歯がひどく摩耗していることから、歯ぎしりや、噛み締めがきつく咬合崩壊を起こす噛み合わせと判断できます。そのためインプラントの本数もできるだけ多く確保しています。今日は上の奥2本をインプラントに置き換えました。

投稿者 mtadmin : 2006年8月22日 11:03

 女性 抜歯後2ヶ月、奥歯です。

他院からの転医の方です。歯のメンテナンスをきれいになさっている方です。残念ながら奥歯2本を2ヶ月前抜歯なさっています。ご高齢でご本人は骨粗鬆症とおっしゃっていましたが、なんの、硬い硬い骨質をされています。概ね顎骨が硬ければ全身の骨も期待できます。問診票を拝見すると常備薬はカルシウムと記入がありました。なるほどその効果ありでしょうか。高齢でも歯が全部そろっていて骨が硬ければ無敵ですよ。「これから益々ご健康ですね」とお話しすると「そうですか後3年ぐらいしか生きませんのにね」という元気なお返事にオペ室は爆笑でした。

投稿者 mtadmin : 2006年8月21日 11:03

 女性 抜歯後2ヶ月、奥歯です。

他院からの転医の方です。歯のメンテナンスをきれいになさっている方です。残念ながら奥歯2本を2ヶ月前抜歯なさっています。ご高齢でご本人は骨粗鬆症とおっしゃっていましたが、なんの、硬い硬い骨質をされています。概ね顎骨が硬ければ全身の骨も期待できます。問診票を拝見すると常備薬はカルシウムと記入がありました。なるほどその効果ありでしょうか。高齢でも歯が全部そろっていて骨が硬ければ無敵ですよ。「これから益々ご健康ですね」とお話しすると「そうですか後3年ぐらいしか生きませんのにね」という元気なお返事にオペ室は爆笑でした。

投稿者 mtadmin : 2006年8月21日 11:03

シアトル(米国)のセミナーに参加してきました。

師匠であります小宮山先生のスタディクラブ「クラブ22」主催のセミナーがシアトルであり参加してきました。小宮山先生の懇意の方々であるワシントン大学、ニューヨーク大学の教授陣によるセミナーは、今流行りのインプラントに警鐘を鳴らす温故知新のお話でした。流行りものに飛びつくことなく足下をもっと見ながら進めていくことが、本来の医療であるとあらためて考えさせられる心に残る内容でした。シアトルと言えば、世界一の資産家であるマイクロソフト社のビルゲイツ氏が邸宅を構える街ですからさすがに住んでみたくなる環境の街でした。また我らがイチローや城島が活躍するマリナーズの街ですので、ミーハーながらイチローの邸宅やスターバックスの1号店に見学、セミナープラスのシアトルに触れてきました。新たに得た知識を臨床に応用したいと思います。

投稿者 mtadmin : 2006年8月13日 11:03

女性 執刀は、金剛駅前診療所の金子先生です。

今日は30代女性の右下奥歯にインプラント1本の埋入オペをさせていただきました。虫歯が大きく、残念ながら抜歯となってしまいましたが、インプラント修復を行うことで周囲の歯牙を削ることなく、もとの噛み合わせを回復することが出来ます。

投稿者 mtadmin : 2006年8月12日 11:03

男性 少しずつ歯が増えていきます。今日は下の左右です。

歯医者さんに通うと段々歯がなくなっていきます。治療不可能となる歯が、悪くなるたびに抜くことになってしまうからです。インプラント治療を始めると通うほどに歯が増えてきますので楽しみができます。今回は下の左右です。他の部位は仮義歯が入っています。今回の治療で元あった歯が全てそろうわけではありませんが、それは将来の楽しみとして今回でまた劇的に咬みやすくなります。

投稿者 mtadmin : 2006年8月12日 11:03

男性 インプラント? わからないので、まずは片方から。

ご兄弟の中でもお前が最初に試しにしてみてくれ、ということでインプラント治療に望まれます。ご家族でご来院頂いています。入れ歯は以前よりお使いではありません。まずは片側だけでも咬めるようにさせて頂きます。入れ歯を使っておられないのでインプラント埋入直後に土台(アバットメント)をつけておきます。この方が治癒期間後の2ヶ月後に土台をつけたり歯茎の整形など手間なことを省けて、すぐに歯を入れることができます。

投稿者 mtadmin : 2006年8月11日 11:03

女性 歯が入る隙間がないため少し整形させて頂きます。

懇意にしている先生からのご紹介です。上の歯との隙間がないためインプラントで歯を入れることを諦めておられました。一番奥の「親知らず」を抜歯することと、歯槽骨を少し形成することで歯の入る隙間を作ることができます。骨形成というと聞き慣れないため緊張されていましたが、抜歯と同じ麻酔ですので抜歯の延長の治療と言えます。

投稿者 mtadmin : 2006年8月11日 11:03

男性 お盆が近づくと子供さんが少なくなるこの時期にと、小児科の先生です。

この時期、子供さんは帰省され病院の方は一段落されるそうです。普段はお忙しく、なかなか時間の自由がありません。この時期やっと落ち着くそうですので今日は下の一番奥に1本の追加インプラントです。骨補填材で骨の改造をしていたところです。無切開で埋入。10年ほど前、上顎のインプラントをさせて頂いています。その頃に比べると本当にインプラント外科はより痛くない治療法へと飛躍しています。

投稿者 mtadmin : 2006年8月10日 11:03

女性 下に仮の歯が入りました。やっぱり上にも歯を・・ということで。

下にインプラントをさせて頂いたときは、上顎は骨移植を伴う治療のため消極的でした。下にしっかりした仮の歯が入って気持ちが落ち着かれたことと思います。この機会に上顎にも挑戦ということです。上顎は両側臼歯にサイナスリフトで上顎洞に骨造堤をします。骨造堤をしたこの部位のインプラントの立ち上がりは1年以上先になります。そのため前歯のわずかに骨のあるところに4本のインプラントを入れておいて半年後固定の仮歯を入れ、少しでもご不便を解消したいと思います。

投稿者 mtadmin : 2006年8月09日 11:03

女性 むかって左上 サイナスリフト(上顎洞骨造堤)です。

骨造堤後半年以上、治癒を待ちます。その後インプラントを埋入してまた半年待ちます。そのため治癒期間中が1年以上あるため、その期間の仮歯の安定に気を遣います。このケースでは現在使用されているブリッジをそのまま使えるようにブリッジをはずさず抜歯をしています。普通はブリッジをはずして歯を抜くのですが歯の根っ子だけを抜歯しています。正確には抜根と言います。歯は今までのままでサイナスリフトをしていますから口腔内は変化なく治療が進行します。

投稿者 mtadmin : 2006年8月09日 11:03

女性 心臓にペースメーカーをご使用です。

心臓疾患のため血液をさらさらにするお薬を服用中です。このため止血がしにくくなります。ふつう外科治療をする際はこの薬の服用を中断することが多いようですが、当センターでは服用を止めず治療に入ります。止血は薬剤によりできますし、中断する方が心臓に負担がかかると考えるからです。またペースメーカー使用ですので感染が心臓に大きなダメージを与えます。そのため治療30分ほど前から点滴によって、抗生物質の血液濃度を高めておきます。さて、骨質は相当柔い骨でしたが「スピーディーインプラント」使用でしっかりした固定を得られました。これはこれで難度高いケースでした。

投稿者 mtadmin : 2006年8月08日 11:03

女性 抜歯窩がまだ残っています。秦先生(堺診療所)とコラボです。

奥歯を抜歯したのが1ヶ月半前。まだ抜歯した穴が残っています。奥歯部分の骨は痩せているため、インプラント埋入のすぐ先あたりに神経が走っています。そのため短い目のインプラントで対応。抜歯した歯の穴を利用する程度の長さを選択しています。手前は無切開でインプラントを入れています。奥側は私、ニシムラが。手前の無切開インプラントは秦先生の執刀です。

投稿者 mtadmin : 2006年8月08日 11:03

女性 あれから8年 「ぜひお礼を言いたくて」とおこしいただきました。

下顎の骨が5ミリしかなく、当時私が経験した最小の骨の方です。下顎総インプラントですが骨がなく入れ歯もまったく使えず途方にくれられていました。なんとかもう一度咬めないでしょうかというご希望に「チャレンジですがいいでしょうか」とご了承頂きインプラント治療に入りました。なにせ、最短のインプラントの長さが7ミリ。骨の高さが5ミリですから、インプラントの方が長い。チャレンジとなりますがスウェーデンで同じようなケースをいくつか見ていましたから自信はありました。インプラントができなければ生涯食事のできない入れ歯を使用頂くことになります。あれから8年。娘さんがニューヨークにおられるためよく海外に行かれます。あちらこちらで美味しいものを食することができ心より喜んで頂いています。「こちらこそお話をお聞きし歯科医師冥利に尽きます」お力になれてこの上ない喜びです。

投稿者 mtadmin : 2006年8月04日 11:03

女性 10年ほど前ご主人様にはインプラントをさせていただきました。

いつか私もと奥様も思っておられたそうです。嬉しいことです。この部位は骨造堤後4ヶ月目 当初陥没がひどく ゼロから作るといった感じでした手前のほうは 柔いなりにワイドのインプラントが入りました。奥は残念ながらインプラントを支えるには骨はまだ柔いと判断。やはりゼロからの造堤にはもう少し時間がいるようです。硬い骨を求めて方向を変えて傾斜埋入してあります。ここはしっかりし骨になっていました。

投稿者 mtadmin : 2006年8月04日 11:03

8月になりました イチョウ並木が元気よく茂っています。

矯正医(お向かいの吉川矯正歯科)と連携治療です。いまはやりのコラボレーションでしょうか。今回埋入するインプラントの前方の歯は、前歯にかけて全てを3ミリ後方に移動させる予定です。その分インプラントも後方に引いて入れてあります。インプラントに仮歯を入れてから土台にして歯を引きます。インプラントを土台にする方法は矯正では劇的に移動させやすくなります。歯もできて、歯並びもきれいになります。楽しみですね。

投稿者 mtadmin : 2006年8月01日 11:03

ページトップへ

Profile プロフィール

医療法人 西村歯科 理事長

Category Archive カテゴリ

Monthly Archive 月間アーカイブ

  • LiCCAで行っている治療の流れ
  • セカンドオピニオン
  • 治療費とトリートメントコーディネーターのご案内
  • よくある質問
  • 医院概要
  • 書籍・メディア情報
  • 理事長日記
  • スタッフブログ
  • 採用情報
  • UNDER ARMOUR

Copyright © Nishimura Dental Clinic. Rights Reserved.