トップページ > 理事長日記 

理事長日記

理事長日記

女性  7ヶ月待っていただきました 総インプラントです。

上顎の骨がなく昨年9月に、骨移植をさせていただいていました。7ヶ月経ち今日はインプラントです。骨を作った臼歯部は無切開で埋入できましたので外科的なダメージはいたって小さくすんでいます。骨質も骨造堤後7ヶ月目ですがいたって硬い骨ができていました。前歯部分は骨幅3~4ミリ、厳しい条件です。歯を失ってから長い年月が経つと自然と骨の幅はなくなっています。なんとか2本欲しいところですがやっと1本斜めに入りました。それと同時に骨補填材を使用し骨幅造堤を行っています。総インプラントのための8本なんとか確保できました。

投稿者 mtadmin : 2006年4月28日 11:03

男性  有効部分は8~9ミリでしょうか。

この部位の難しいのは、すぐ下にオトガイ神経があり深くいれると神経が傷つきます。また抜歯窩が治った部位のため、元抜歯窩とそうでない部分の骨の硬さが違いインプラントが骨質のギャップに誘導されて思う方向に入りにくいことです。執刀は瀬浦先生。ぎりぎりのラインで埋入完了。さすがです。

投稿者 mtadmin : 2006年4月26日 11:03

女性  インプラントを一番必要としているところにいれます。

理想的には全ての欠損部位にインプラントを入れることですが、最小のインプラントで最大の効果を出すことも考えてみます。それぞれのケースによって違いますがこのケースとしてはまず、下顎の入れ歯が使いにくいということで、下から入れ歯を解放することを考えました。下の前歯部分はご自分の天然歯を利用して固定の歯、ブリッジを入れます。そして奥歯にインプラントです。この奥に歯ができると上の入れ歯も落ちにくく、使いやすくなります。また将来もインプラントをなさりたいということをおっしゃっていただきました。

投稿者 mtadmin : 2006年4月26日 11:03

男性  矯正ももうじき終わりです。歯のないところはインプラントで完成です。

臼歯部はかむことで大事というだけではなく、顎を安定させ、歯並びを安定させるためにはなくてはならない存在です。特に矯正をされた後の「戻り」の防止に奥歯は重要な働きをします。インプラントで大臼歯を補います。奥歯が安定していないと顎が前に変位し前歯の歯並びが崩れだします。骨質は抜歯後4ヶ月ですからまずまずいい感じです。

投稿者 mtadmin : 2006年4月25日 11:03

男性  顎が変位しています なんとか戻さないと万病の元。

顎の位置は歯のかみ合うところに落ち着きます。歯がないと顎は落ち着くところを失い変異します。顎の位置が安定しないと集中力がなくなったり、肩こりや万病の元になります。まずは向かって右に歯をお作りして噛み合わせの安定をはかります。半年前骨が柔すぎて骨の改造をはかっていました。むかって右の一番奥、色が白っぽくなっているところが骨が硬くなった印です。そこにインプラントを追加埋入です。手前2本は今回立ち上げて仮歯を作っていきます。

投稿者 mtadmin : 2006年4月24日 11:03

女性  お若い方ですのでご主人も心配されています。

10年前高額をかけて歯の治療をされたということです。大変お気の毒ですが、その後徐々に悪くなり現在にいたったようです。今回も治療をしてまた悪くならないのかを一番心配されていることでした。お気持ちはよくお察し致します。今回は口腔内を再構築する治療となります。ぜひ元の美しい歯の状態を再現することと、長期に安心して使用いただける補綴を作ることに一同全精力を出したいと思います臼歯部分は無切開で埋入できました。前歯部分は骨幅が2~3ミリのところがあったり、で骨造堤術も伴いましたが、2期的治療法で骨が出来ればまた追加しながら、完全を目指します。

投稿者 mtadmin : 2006年4月24日 11:03

男性  京都の郊外からお越しいただいています。

20日は学会で舞鶴に行っていました。桜が幾分か残っていて葉桜を楽しむことができましたが京都の山間もまだきれいなことと思います。以前臼歯部のインプラントをさせていただいています。今回は下の前歯が揺れてきているために現在ある歯を抜歯してのインプラントです。仮歯は固定の接着式の歯を入れますのでご不便なく使用いただけます。

投稿者 mtadmin : 2006年4月22日 11:03

男性  臼歯部は無切開でインプラント。前歯はゆっくり時間をかけて。

臼歯部は十分な骨があるため無切開です。そのためオペ時間は10分ほどで終了。前歯は骨が少ないのと骨の幅もないため時間を掛けます。ここは5本の歯が欠損、そこに3本のインプラントを入れます。抜歯窩に埋入する作業などがあり、ここでは骨補填も伴い約50分ほどかかりました。でも麻酔医の玉崎先生にお願いして患者様はぐっすり寝ておられましたので時間の感覚はなく終わったようです。

投稿者 mtadmin : 2006年4月22日 11:03

男性  海外・国内と日々飛び回っておられる方です。

その合間をぬっての歯の治療となります。明日は東北でご接待ということで、腫れない痛くないオペをいたします。4ヶ月前、上顎洞内に骨移植をしたところへインプラントを埋入しましたが、残念ながら骨質が十分に成熟していず、再び骨改造をいていました。あれから4ヶ月ですが今日は骨質が硬くなっていてひと安心です。もし骨質が十分でなければ他の手だてを取ろうとあらゆる状況に対応できる準備をしたものの、治療は20分ほどで終了。あっというまでしたがそれがなによりです。また明日からのお仕事がんばってください。

投稿者 mtadmin : 2006年4月21日 11:03

女性  お仕事の第一線でご活躍の女性のかたです。

以前、天然歯を半分に分割して使用されていたところです。いよいよだめになり抜歯させていただきました。抜歯窩はきれいに治っている状態でインプラントです。十分な骨質と骨量です。最近、条件のいいケースがあまりなく、ほっとするところです。オペは平山先生です。平山先生は5月に東京であるノーベル・ワールドカンファレンスで発表される実力者でこれからが楽しみな先生です。入れ歯を使用されていませんので歯が入るのが楽しみです。

投稿者 mtadmin : 2006年4月19日 11:03

 女性  10年以上歯がないままでした。

臼歯3本が欠損ですが、歯がないままでもなれるとご不便がなかったようですでも、例えば突然3本の歯を抜いたとしたら、それはとても食事のしにくいことを経験します。慣れてしまうと怖いものといえそうです。片側咬みをされているとどうしても顔の筋肉の付き方が非対称になります。咬筋の力が非対称になるとそれに続く肩への筋肉や背骨に対する力の加わり方が非対称となり背骨が曲がってきます。口の中の影響としてはこの場合、上の歯が延びてしまいますので短く修復しています。歯が入ると久しぶりの咬み心地に感動していただけるのではないでしょうか。

投稿者 mtadmin : 2006年4月19日 11:03

女性  向かって右上、長い間歯がない状態で我慢していただいています。

8ヶ月前、この部位に骨がないため骨移植をしています。やっと今日はその部位にインプラント治療ができる日です。CTレントゲンでは十分な骨量が出来ていましたが実際埋入しだすと、骨質が柔く難しいケースとなりました。骨補填材にはいろいろな種類が開発されていますが、まったくの人工的なものは安全ですが骨質的なところにやや難があります。4本埋入できましたがやはり半年以上治癒を待ちます。ご不便で気の毒ですが現状の最良の策を取ってこの期間ですのでがんばってください。

投稿者 mtadmin : 2006年4月18日 11:03

女性  助産婦さんでご活躍の方です。

普段は人をお世話されている方ですから、こちらへのお気遣いもしていただいてか大変治療に協力いただいき助かります。治療内容は上顎洞へ骨移植、左右ともです。それと上顎への総インプラントとハードな治療です。2時間ばかりの治療ですが特別な鎮静をせずとも、ほとんどの時間は寝ていただいていました。今日は別の診療所から新人の衛生士さん達の見学がありました。社会人となって、初オペ見学の緊張なおもむきが古参の者を初心に還らせてくれます。新芽が息吹く4月を感じますね。

投稿者 mtadmin : 2006年4月18日 11:03

男性  4ヶ月前、骨質が柔くインプラントを断念したケースです。

北九州でご活躍の先生からのご紹介の患者様です。ご紹介いただいた先生はインプラントセミナーなどで高名な先生からでしたので、ご期待に添いたいところでしたが4ヶ月前骨質が柔すぎるためインプラントを断念、骨改造をしていました。今回は十分硬い骨となっていましたのでやれやれです。下顎のインプラントはすでに歯が入っていて満足のしあがりになっています。体格もがっちりされたビジネス戦線でご活躍の患者様です。しっかした歯をお作り致します。

投稿者 mtadmin : 2006年4月17日 11:03

女性  転医で来院されました、前歯が揺れていてきびしい状態でした。

天然歯を残して仮歯を使用しながらインプラントを入れます。破折しているインプラントがあり問題をおこすといけないためこの機会に除去しています。骨内に病巣があり、傷んだところをきれいにすると大きな陥没ができたため、そこにはインプラントの埋入をやめ、骨造成のため補填材を入れています。長い間歯の治療で苦労なさっていますので、早く安心した歯をおいれしたいと思います。

投稿者 mtadmin : 2006年4月17日 11:03

男性  まずは奥歯から、無切開で入れます。

すべての歯が歯槽膿漏であまり期待できない状態になっています。でも一度に抜歯するのも気が進まないお気持ちも察しますので、どうしてもだめになればそこからインプラントにかえていきたということで、まず奥歯2本からさせていただきました。歯茎にダメージを与えると隣の歯が抜けてきそうですから無切開でのインプラントです。ここは抜歯後の柔い骨の部分と元々の硬い部分の重なるところでやや難しいケースです。それぞれ50ニュートンで固定され安心でした。

投稿者 mtadmin : 2006年4月14日 11:03

女性  残存する骨を探しての埋入です。

今日は上顎の方です。一番手前は条件が良くまっすぐ入りました。2本目は口蓋側のみに骨があるため、口蓋へ傾斜して入れています。幸い10ミリのインプラントが入っています。3本目は今度は頬側にやっと骨がある状態です。ここは頬側にインプラントを傾斜していれています。3本それぞれ方向が違うことがかえって三脚の効果を出して強固な歯が入ることになります。

投稿者 mtadmin : 2006年4月13日 11:03

男性  上顎洞を避けて、インプラントを傾斜していれています。

上顎の総インプラントです。向かって左は上顎洞の中に骨補填材を入れて、骨のボリュウムを造っています。向かって右は上顎洞に問題があるため触らず、避けるように傾斜埋入してあります。骨質は至ってよく即日加重も考えられましたが、大事をとって従来の通りの2回法と言われる治癒期間を待つ方法を取りました。

投稿者 mtadmin : 2006年4月13日 11:03

男性  血管拡張剤を服用されていますので止血に気を配ります。

心臓の機能疾患のため血管拡張剤を服用されています。このようなケースではやはり無切開が効果を発揮します。歯肉に傷を入れることなくインプラントを入れることができますし、インプラントとそこに入れる土台が圧迫止血の役目を果たします。手前の小臼歯は1月に抜歯しているためやや骨質は軟らかめですがそれぞれ50ニュートンの力で固定されましたので2ヶ月後に歯を入れることができます。

投稿者 mtadmin : 2006年4月12日 11:03

女性  上顎です 柔やわでした。

上顎です。手前は3ヶ月前に抜歯、骨補填材を入れて骨改造を計っていました。そのためやや柔めの骨質ですがまだ幸いインプラントの固定が得られました。骨高さはなく短いインプラントが入っています。奥の部位はオリジナルの骨ですが、柔やわで、さすがの軟性骨用のスピーディインプラントをもってしても骨に固定されませんでした。場所を変えインプラントの先端にあたるところが硬くなるところを探して埋入。やっと15ニュートンの固定が得られています。8ヶ月置きます。

投稿者 mtadmin : 2006年4月12日 11:03

女性  無切開でのインプラントです。

むかって左下。3本の臼歯です。面白いもので骨質はそれぞれちがいます。手前から軟らか、硬い、軟らかです。それぞれ骨形成の仕方やインプラントの種類が違います。埋入後は縫合の必要がないため傷の治癒にほとんど時間がかかりません。治癒期間は3ヶ月置くため、入れ歯をご使用いただきます。

投稿者 mtadmin : 2006年4月11日 11:03

男性  大きな空洞がありました。

今回は向かって左下の奥歯2本です。一番奥の歯を1本抜歯(正確には残っている半分抜歯ですが)して2本インプラントを入れます。レントゲンではわからないのですが大きな空洞がありました。十年以上前ですがそのときの抜歯が十分でなく歯牙片が残存、現在にいたっても骨が治癒していません。骨内をきれいにすると空洞が出現しました。骨のあるところを探して埋入しています。骨質は良好でしたので2ヶ月後に歯を入れていきます。

投稿者 mtadmin : 2006年4月07日 11:03

男性  大きな抜歯窩に入れるインプラント&無切開のインプラント。

下顎、左右とも似たケースです。手前の小臼歯部はどちらも大きな抜歯窩の中にインプラントを入れます。奥の大臼歯部分は無切開で埋入です。抜歯窩へのインプラントと無切開のインプラントでは対局するぐらい難度が違います。無切開部分は1本埋入に5分ほどで終わりますが抜歯窩へのインプラントは1本に30分ほどかかります。抜歯窩の底からインプラントを入れていきますから先端部分が骨内に入る形でいずれも、神経があるため数ミリ入れるのがやっとです。残りの部分は抜歯窩に露出している形になります。露出した部分には骨補填材を入れて骨化を促します。

投稿者 mtadmin : 2006年4月04日 11:03

女性  無切開のインプラント 今日は上の歯です。

骨形態が良好ですので無切開でインプラントができます。CTレントゲンで骨状態を確認、良好なため無切開でしますがやはり歯茎の部分はインプラントの形に合わせて取り除かれます。インプラントを入れたあとは傷がどこにも残らない状態となります。治療後最小の外科であるとあらためて感心するシステムです。

投稿者 mtadmin : 2006年4月04日 11:03

男性  下顎臼歯2本 手前やや骨幅少なし。

骨幅も骨高さも制限を受ける場所です。奥歯ですからできるだけ径の大きなインプラントが入ればいいのですが手前はなんとか直径4.4mmが入りました。一番奥は短いながら直径は5mmの径が入りました。骨質はいたって硬いため安心です。2ヶ月待って歯を入れます。

投稿者 mtadmin : 2006年4月03日 11:03

女性  念願のインプラントです。

大変恐がりと言うことで麻酔医による鎮静をしてのインプラントです。上3本ですが埋伏している「親知らず」があり埋入部位は制限されます。この機会にこの「親知らず」も抜歯します。鎮静をかけていましたので治療後いかがでしたかとお聞きするとずっと寝ていましたのでまったく判りませんでした、とのこと。なによりです。骨質は良好4ヶ月後に歯をお入れします。

投稿者 mtadmin : 2006年4月03日 11:03

ページトップへ

Profile プロフィール

医療法人 西村歯科 理事長

Category Archive カテゴリ

Monthly Archive 月間アーカイブ

  • LiCCAで行っている治療の流れ
  • セカンドオピニオン
  • 治療費とトリートメントコーディネーターのご案内
  • よくある質問
  • 医院概要
  • 書籍・メディア情報
  • 理事長日記
  • スタッフブログ
  • 採用情報
  • UNDER ARMOUR

Copyright © Nishimura Dental Clinic. Rights Reserved.