トップページ > 理事長日記 

理事長日記

理事長日記

女性 左は無切開、右は骨幅が鋭利です。

上顎の奥のケースは歯茎が厚いためにほとんど無切開で出来ます。左下の奥は骨が柔いため難しくなります。右下は往々にして歯槽骨は鋭利になり易く、無切開では無理があります。従来に乗っ取って埋入しますが骨質はいたって良好でした。   歯科医師用コメント:下顎左側7番は視界も悪く、また骨質が劣性を呈することが一般的な部位です。ここに短めのインプラントを埋入することは形成窩にテーパーがつきやすく初期固定が得られ難くなります。UNDER PREPARATIONか同心円で形成する工夫が必要となります。

投稿者 mtadmin : 2005年10月31日 18:32

女性 左上4番 抜歯後2ヶ月待って埋入です。

下顎両側の奥歯は以前にインプラント治療をさせていただきました。この部位は奥にインプラントが入る前、奥に歯がない時代に力がかかりすぎて傷めていたようです。歯根破折で抜歯に至りました。骨補填剤を抜歯時に填入して骨の形態保持に努めました。今日は良好な骨ができていましたので無切開で埋入してあります。そのため麻酔が切れてからの予後はいたって良いと言えます。まずほとんど普段とかわりないと思います。  歯科医向けコメント:このケースはVERTICAL STOP確保前に顎位誘導歯となる上顎4番の咬合負担か来る根破折です。抜歯時に唇側骨板の残遺量を確認しクラスわけをしておきます。FLAPLESSにて埋入、審美領域のため唇側骨板の残遺量を粘膜上から確認しながらのオペになります。リッジマッピングインスルメント使用かまたはリーマーとストッパーを利用して粘膜の厚みを計りながらの埋入になりますが、形成後先端部のCONCAVEのPERFORATIONがあるかどうかの確認が重要となります。

投稿者 mtadmin : 2005年10月31日 18:32

女性左下奥歯2本です。

抜歯ご治癒期間が浅く骨質は柔いところと、硬いところが混在している状態です。こういったところはインプラント埋入時、元抜歯窩のところにインプラントが誘導されながら入って行きます。このケースも抜歯窩に落ち込むように入りました。そのためやや傾斜埋入ですが、歯の咬合面内にはインプラントのネックが出てきていますので支障のない補綴が入ります。4ヶ月待ちましょう。

投稿者 mtadmin : 2005年10月26日 18:32

女性  4ブロック、上下左右のインプラントです。

残存歯の根っこの治療も終わり、インプラントができる準備ができました。あっちこっちと外科をするなんて大変そうに思われそうですが、それほどではありません。左の上と下は1本ずつ。ここは無切開でするため両方で15分ほどです。右の上下はやや骨形態が劣性のため時間をかけます。片一方で20分足らず、両方で40分。全部で1時間ぐらいの治療です。上顎は骨質が柔らかく工夫がいりました。下顎は即日過重でもいけそうな硬い骨です。はやく安定した噛み合わせをおつくりしたいと思います。

投稿者 mtadmin : 2005年10月25日 18:32

女性  新しいインターナルインプラントです。右下奥3本です。

入り口が硬い骨、中は柔い骨です。歯槽頂は鋭利な形をしていますし、神経は近くを走っています。CT像を吟味して一番奥は8ミリの埋入です。初期固定がそれぞれ40ニュートン得られ良好です。新しい形状のインプラントを使用。よく切れてしっかり止まるインプラントでした。ゴルフボールで言うよく飛んでしっかり止まる。相反した効果がでるゴルフボール、それに似たインプラントと言えそうです。

投稿者 mtadmin : 2005年10月25日 18:32

男性  左上5番部位抜歯、即時埋入予定・・・でしたが

痛んだ根っこが長期に歯茎の中に残っていると、骨に癒着することがあります。この根っこを抜歯してインプラントを埋入予定。歯根と骨が強く癒着すると歯と骨の境界が無くなります。抜歯しているような骨を取っているようなそんな感じになります。抜歯は綺麗にできましたが抜歯のホールが大きく空きました。抜歯即日に埋入すべきか骨補填材だけでそれが固まってからあらためて埋入するか悩むところでした。くしくも昨日学会の講演で話した内容でした。昨日の講演は自分のためかとあらためて思いました。このケースは骨補填だけ入れて3ヶ月後インプラントの埋入をします。これから先何十年も使って頂くことを考えるとこの3ヶ月はよりいいものを作るためとしてお待ちください。

投稿者 mtadmin : 2005年10月24日 18:32

男性  左上、以前サイナスをしたところに追加埋入です(左上6番部位)

骨を作ったところに埋入することはなんの不安もありません。そこには良い骨があると分かっているかです。かえって不安なのはオリジナルな元々骨があるところに埋入するときです。あるように見えてなかったり、あっても柔かったりします。ここにも以前に埋入してある(左上1番奥)インプラントは初期固定が10ニュートンといたって骨質柔やわ状態でいれてありました。今日そのインプラントの固定度を計ってみると70ニュートンと良好。ホッとしましたがサイナスリフトをした場所に今日を追加したインプラントの固定度は60ニュートン、グッドサポートです。数ヶ月は待って歯を作ります。

投稿者 mtadmin : 2005年10月24日 18:32

女性  今回は下の奥歯です。

以前、前歯をインプラント治療させて頂いています。いよいよ奥歯も悪くなり前歯のような綺麗な歯をと、ご希望なさいました。一度に両方はとても怖いので、ということで片側だけして、あと片側はその時考えましょうということで始めました。右半分は30分ほどで終了、笑気麻酔を使用しているためほとんど睡眠中、後の片側も悠々とされ両方終了しました。治療は1回法ですのでもう外科は必要ありません。骨質が柔いため3ヶ月はあけます。

投稿者 mtadmin : 2005年10月19日 18:32

男性  インプラントってどんなもの。

とりあえず一番必要なところにインプラントをしてみます。左下奥歯。ここに歯が入るとがっちり咬めます。そして一番インプラントの効果を実感して頂けます。骨質は硬いですね。骨質にどうしてこんなに個人差があるのでしょう。体質と食事内容のためでしょうが、骨質の柔い人は全身の骨も柔いと考えられます。丈夫な骨は長生きの条件と考えます。是非カルシウム剤など摂取して体質を改善していい骨を作っていきたいものです。ここは8週後歯を作ります。

投稿者 mtadmin : 2005年10月19日 18:32

男性  たった2本の欠損から歯は崩壊を始めます。

歯が抜歯にいたる原因の60%は咬合負担からです。2本の奥歯を失うと過重負担のかかる歯が揺れだします。例えば左下奥歯を失うと反対の奥歯と欠損部位の隣の歯が揺れ出します。近い将来それらの歯は抜歯に向かいます。次にはまたそのつぎに負担がかかる歯が揺れ始め、崩壊の連鎖が始まります。骨質はいたって良好、ここのしっかりしたインプラントが将来にかけてそれぞれの歯とともに支え合うことでしょう。

投稿者 mtadmin : 2005年10月18日 18:32

女性  恐がりな恐がりなかたです。

少しずつ治療を進めて行きます。今日はサイナスリフト(上顎洞内、骨移植)です。静脈鎮静法でうつらうつら寝ながら治療をします。鎮静をするまでは緊張いっぱいという感じでした。サイナスリフトは洞内に充分な血液を満たすことでいい結果を出せます。そのためのひとつの策として、自己血液から血小板と成長因子を採取して、洞内にいれます。(これをPRPといいます)。この効果は治癒期間を短縮すると言われていますが経験上、感染に強く、治癒が早い感じがします。また一歩前進です。

投稿者 mtadmin : 2005年10月18日 18:32

女性  まずは2本のインプラントをご希望です。

優先順位から考えると、最近抜歯したところをインプラントでもう一度歯を作ります。右上5番部位と右下7番部位です。最近まで歯があったということではインプラントでもとに戻す感じです。右下は抜歯後骨補填材を入れていましたが2ヶ月後骨質は柔やわのため直径5ミリのインプラントでは対応できませんでした。直径6ミリを埋入。しっかりした固定が得られました。この1ミリの差は骨内では大きく有益ですね。

投稿者 mtadmin : 2005年10月15日 18:32

男性  骨質は良好、無切開インプラントですね。

臼歯部はCTで診断、骨幅は充分ありますので無切開で埋入です。前歯部分は骨幅が少なく無切開では危険なため従来通りに埋入です。上顎は現在サイナスリフト後の治癒待ちです。近い将来上下にしっかりした歯が入ります。ビジネスマンとしてご活躍ですから歯は必須アイテム、綺麗な歯はますます仕事をサポートしてくれることでしょう。

投稿者 mtadmin : 2005年10月14日 18:32

男性  上顎左上移植骨が骨化したころです。

左上に追加埋入です。すでにほかのインプラント部分は即時荷重でインプラント手術時に固定の仮歯が入っています。今日追加したところも即時荷重として最終補綴を仕上げていくことができます。仮歯の方もまずは作り替えますので以前よりもっと確かで綺麗な歯が入ります。

投稿者 mtadmin : 2005年10月14日 18:32

女性  とてもとても恐がりの方です。

このような方でもご心配いりません。麻酔医による鎮静でうつらうつら夢心地、そして、インプラントは無切開インプラントです。麻酔が効き易く、早い、腫れない、出血しない、無切開インプラント。最近のおすすめですね。骨質は柔いですがインプラントは強固に骨に固定されました。この初期の固定力がインプラントの成否を決めます。治療終了30分かからない治療です。目覚めて気がつけば終了です。

投稿者 mtadmin : 2005年10月11日 18:32

女性  今日は下顎です。

上顎は以前にインプラントを埋入してあります。上顎は前突気味(いわゆる出っ歯)だったのを整形してインプラントをしてありますから歯が入る時は出っ歯も治りかっこいい口元になります。来月歯が入るのが楽しみです。下顎は臼歯部もこの機会にインプラント治療されることになりました。下の奥歯の欠損は今まで不便もなく、あまり必要とは思っておられませんでしたが、いよいよ上に歯が入るとなるとこの機会にと思われるたようです。骨質は良好。ここに歯が在ると顎位も定まり安定した噛み合わせが作れます。顔の輪郭は激変します。美容外科の範疇になります。お楽しみに。

投稿者 mtadmin : 2005年10月08日 18:32

男性  九州インプラント研究会の先生方に見学に来て頂きました。

どのようは症例を見学頂こうかいろいろピックアップしていました。せっかく遠方からのお越しですので、骨移植や大きな外科を見て頂くことが勉強になるかと考えましたが、テクニック的に一番新しいものをご紹介することにしました。左上の1本のインプラント埋入は無切開埋入です。歯肉の中の骨形態をCTで術前に把握することや術中に気をとめることなどをお話しして。無切開は腫れない、腫れない、出血しない。良いことずくめの点目安でする危険を回避しなければなりません。右は審美インプラントとして開発されたノーベルパーフェクト。自然な歯茎の形を作る最良の形態をしたインプラントだと考えます。その分扱いも難しいためそのオペを見て頂きました。術後講演をさせて頂き、楽しい一日でした。

投稿者 mtadmin : 2005年10月08日 18:32

男性  レントゲンでは骨質まで分かりません。

骨質を術前に把握することは現在のところCTを撮り、そのCT 値で把握するという方法がありますがこれも私の経験から言って、実際の骨質となかなか臨床的にはリンクしません。術中に骨質を把握するというのが今のところできる唯一の手だてです。ただしこれも経験を積んでこそですから、客観的に把握することが今後求められます。このケースは部位によりいたって骨質が違います。硬いところと柔いところでは術式を変えます。インプラントが普及するためにはどのような骨質にも一つで対応できる、インプラントができるのを待つばかりですね。  

投稿者 mtadmin : 2005年10月07日 18:32

男性  ほとんど骨がありません。

右上以前骨を造りました(サイナスリフトです)。今日はまず右だけ入れました。ここ右はきびしいながら骨ができていて5本埋入ができました。今日、右だけにインプラントをした理由は治癒期間中の入れ歯の使い勝手がいいようにと考えたからですが、2週間後歯茎が治癒すればまた左上に入ります。左上は洞底粘膜が薄すぎ、骨移植ができなかったところです。少ない骨に新しいインプラントで挑戦します。少ない骨で柔い骨に対応できるノーベルショーティを使います。楽しみです。まず今日は左上最良の手応えでした。

投稿者 mtadmin : 2005年10月05日 18:32

女性  左上欠損部、まだ膿胞があり排膿がありました。

以前大学病院で左上を抜歯され、そのとき膿胞摘出をされたそうです。一本だけの入れ歯ですが、不便を感じられ来院頂きました。何年も前になる治療ですがまだ欠損部分から排膿しています。隣在歯に問題があるかと疑いましたが隣の歯は問題なく欠損骨からの排膿、この機会に綺麗にさせて頂きインプラント埋入です。骨が少ないところに排のうでより骨が吸収を起し少なくなっています。骨のあるところを探し幸い10ミリのワイドが入りました。これは大臼歯を作るのに十分な力があります。ヤレヤレでした。

投稿者 mtadmin : 2005年10月03日 18:32

男性  嘔吐反射の強い方で奥歯の治療が困難です。

インプラント治療が困難になるということで歯科医の先生から御紹介頂きました。麻酔医による静脈鎮静をしますとほとんど眠りながらできますので、嘔吐反射もなく治療ができます。ご遠方からのお越しですのでインプラント埋入とインプラントの型取りも鎮静が効いている間にさせて頂きました。以前にサイナスリフトをして骨を造ったところですので、骨がしっかりあることはわかっていますので今日は無切開でインプラントを入れています。この方式をとると出血もなく外科と同時に型取りもできます。ここに歯が入るのは5ヶ月後のインプラントと骨が生着してから入れますが、もう苦しい思いで型を取ることもなく、後は歯が入る日を楽しみに待って頂くだけです。

投稿者 mtadmin : 2005年10月01日 18:32

ページトップへ

Profile プロフィール

医療法人 西村歯科 理事長

Category Archive カテゴリ

Monthly Archive 月間アーカイブ

  • LiCCAで行っている治療の流れ
  • セカンドオピニオン
  • 治療費とトリートメントコーディネーターのご案内
  • よくある質問
  • 医院概要
  • 書籍・メディア情報
  • 理事長日記
  • スタッフブログ
  • 採用情報
  • UNDER ARMOUR

Copyright © Nishimura Dental Clinic. Rights Reserved.