トップページ > 理事長日記 

理事長日記

理事長日記

男性  面白いもので、同じような難しさが続きます。

左の上3本埋入します。手前2本は上々の出来です。つまり骨質良好。骨形態は薄く陥没していますがこれは骨補填材で補えます。一番奥は器具で骨を押すとつぶれてしまう柔さでした。残念。ここには昨日のようなチャレンジはできません。歯槽骨の中にしっかりと骨補填材を填入。5ヶ月待って骨質を硬くし新しくインプラントを入れます。治療期間が長くなりますが手前2本のインプラント部分は5ヶ月後には歯が入り小臼歯までの固定の歯が入っていますのでご不便はそれほど無くなります。

投稿者 mtadmin : 2005年9月28日 23:15

男性  昨日に引き続きご高齢の方です。

長年使い慣れた入れ歯をもう少しだけ使い易くしたいというのがご希望でした。上下に4本ずつインプラントを入れそこに磁石を付けます。下顎は4本入ると条件によっては固定の歯が入りますがやはり入れ歯を使いたいということです。骨質は上顎では柔いところもありますが全て2回法という、治癒期間の間インプラントを歯茎の中に隠してしまう安全な方法をとりました。長く苦労されたと思いますが、4本の磁性アタッチメント(磁石)が入ると入れ歯といえどもなんでも咬めますよ。わたしも楽しみです。

投稿者 mtadmin : 2005年9月27日 23:14

男性  右上奥ほとんど骨が空洞です。

手前は抜歯後1ヶ月で骨が柔く奥は空洞に近い柔さです。難しいインプラントが最近続きます。手前はなんとか所定の初期固定が得られやれやれです。奥は10ニュートンという標準では骨生着がぎりぎりです。駄目元で埋入してみました。ただしその奥側の歯槽骨の中に、もしも駄目な時用に骨補填材を入れ骨の改善をしてあります。4ヶ月後骨が改善されたときにこのインプラントがついているかどうか機械で測定します。もしだめなら硬くなった骨に新しいものを入れます。いずれにしても最終的なゴールは変わらずいい歯が入ります。

投稿者 mtadmin : 2005年9月27日 23:12

女性  お母様へのプレゼントであるインプラント。

以前インプラント治療をされた方のお母様です。 83歳ご高齢ですが、私の父母にもこの年齢の時インプラントを入れました。年齢には関係なく治療はできます。でもやはり骨は柔らかくなっています。左右2本ずつ入れます。奥に行くほど骨は柔くなりますが今回も奥側が柔く治癒期間を4ヶ月おかせていただきます。お母様へのプレゼントであるインプラント。早く入れ歯から解放されたお食事をして頂くことを願っています。

投稿者 mtadmin : 2005年9月26日 23:11

女性  下顎総インプラント&即日歯を作ります。

5本のインプラントを入れて大臼歯まで総インプラントで歯を作ります。本来歯槽骨の中で一番硬いと言われている骨の部分、左右の小臼歯の間オトガイ部分を使うためインプラント5本で第1大臼歯まで歯を作ることができます。できるだけ奥まで歯をつくるため一番奥のインプラントは奥へ倒して入れます。埋入外科に1時間歯を作るのに1時間です。今日から咬めます。3ヶ月後最終の歯を作り直します。もっと綺麗に入りますのでお楽しみに。

投稿者 mtadmin : 2005年9月26日 23:08

女性  右下最短のインプラントで挑戦です。

ノーベルショーティーという5.5ミリの新しいインプラントです。名前から言ってショーティー、短いという意味。インプラントの成功する絶対条件は埋入時の初期固定強さです。この固定を得るためにはインプラントの長さがある程度なければ得られないというのが通説でした。このインプラントは使用してみると、短くてもなおかつ固定が得られやすいものでいいものが開発されたと重宝しています。右下神経まで8~9ミリしかありません。この最短インプラントの出番です。

投稿者 mtadmin : 2005年9月24日 23:07

男性  右上前歯 抜歯と同時の埋入です。

抜歯と同時にインプラントができるのかどうかの判断基準は難しいところです。この判断についてのお話を来月横浜の国際学会で話す予定です。今日は調度いいケースでした。破折した歯を長く放置されていたため、残念ながら歯を支えている歯槽骨が解けてなくなっています。かろうじて口蓋側に骨がありましたのでそこに埋入。形成はバーがはじかれるため大変ぶれやすくいところです。そのぶれを保証するいいバーを見つけました。これも次回の学会で発表しようかと思っています。重宝される先生方が沢山おられると思います。

投稿者 mtadmin : 2005年9月21日 23:06

女性  両側のサイナスリフト 薄い膜でした。

上顎洞内への骨移植、サイナスリフトです。右上、慎重に頬骨壁を開窓、薄い骨膜です。見た目が透き通っています。このようなケースの場合膜は破れ易いものです。右上は予想通り10ミリほどのホールができましたが吸収性の人工膜で封鎖。その後補填材を填入拡散しないよう工夫して治癒を待ちます。左上は2ミリほどの穿孔穴で済みましたからコラーゲン膜で封鎖。綺麗に封鎖できました。本来洞内粘膜が極端に薄い場合、施術ができないのですが、最近は生体材料の進歩のお陰でほとんどの場合施術できるようになりました。

投稿者 mtadmin : 2005年9月20日 23:04

女性  久しぶりの径6ミリ使用です

右下の6番部位、骨形態は萎縮のため細くなっていますが、その他いたって良好な骨質ですのでワイドの径5ミリを埋入。反対の左下は2本埋入です。一番奥が8週前に抜歯をして骨補填材を入れてあります。そのため形態は最高の形で治癒していました。しかし骨は柔らかく径5ミリのインプラントを入れる予定でしたが強固な骨との固定を得るため径6ミリに変更、そのためここの2本はともに40ニュートンの固定が得られました。バックアップとして6ミリインプラントもあればやはり心強いですね。

投稿者 mtadmin : 2005年9月17日 23:02

男性  不整脈が一日2万回?

内科の方と相談して外科を施行、麻酔医の玉崎先生の頼もしい出番です。心臓に負担のない麻酔を考え、手早く進行。右下奥歯2本です。骨幅がやや細い意外は大きな問題はなく、速やかに埋入、20分ほどで終了。ご高齢ですがご本人はいたってお元気、ご遠方ですがいまから2時間ほど電車にゆられお帰りです。上顎は入れ歯がいたってしっかりとついていますので先にこの下に歯が欲しいということです。確かに奥歯に歯があれば入れ歯はより落ちなくなります。

投稿者 mtadmin : 2005年9月16日 23:01

男性 リプレイス再度使用。

右下奥2本です。上は以前にインプラント治療をして頂いています。その使用感がいいのでと言うことで今回、下顎もされることになりました。今回も埋入後はゆるゆるになってしまいました。ワイドの径を入れ直し結果良好ですが案外、柔い骨にはこのリプレイス難しいですね。4ヶ月待って頂き補綴に入ります。

投稿者 mtadmin : 2005年9月16日 22:59

女性  下、両側の臼歯です。

骨形態は良好でしたのでリプレイスインプラントを選択。簡単インプラントとして紹介されているノーベルバイオケアのインプラントです。骨が柔らかく残念ながら1本目埋入したものいは初期固定が得られませんでした。そこにはワイドの径のインプラントを入れ直すことでよい結果が得られました。他の部位の形成は慎重をきし、規定されている径より小さめの径のホールを形成してインプラントを埋入しました。そうすることでいずれも良好な初期固定が得られ安心でした。簡単インプラントと言う名目でもやはり経験がいるのでしょうか。できるだけ多くの歯科医が無理なく成功するインプラントが出現することを願うばかりです。

投稿者 mtadmin : 2005年9月14日 22:58

女性  下顎前歯 やはりここもインプラントに。

臼歯部には以前にインプラントを入れて、現在インプラントの仮義歯を入れてあります。治療中ですが前歯もぐらついてきましたので、ここもやはりインプラントにして、下は総インプラントをご希望です。歯科治療は通えば通うほど抜歯するところが増え長い年月を経てとはいえ、徐々に歯を失うものでした。今は通って頂いた分歯が増えますので楽しみにしていただけます。現在奥が入りとても喜んで頂いています。

投稿者 mtadmin : 2005年9月13日 22:57

女性  いよいよ下は総インプラントに移行します。

右下はインプラント仮義歯も入り咬めるようになりましたので、前歯と左にインプラント追加埋入です。残存天然歯や既存インプラントを使用して常に仮歯を確保しながら治療を進めて行くよう工夫をします。骨質は高齢の方でしたので予想通り柔らかく4~5ヶ月生着を待ちます。やはり残存歯があり、治癒期間中の咀嚼が確保できて良かったです。一番奥は最近開発の柔らか骨用のスピーディーインプラントを使用しました。

投稿者 mtadmin : 2005年9月10日 22:56

女性  奥歯2本、垂直的ストッパーと言います。

奥歯2本を失うとふたんのかかる歯が動き出します。それを咬合崩壊と言います。私たちが歯を失う60%は咬合崩壊が原因です。このケースの場合、奥歯2本を失うと次ぎに負担がかかるのは、失った歯の隣の歯とその反対側の奥歯です。とくに下顎は間接を介して顔に筋肉でついていてぶらぶらしているものです。そのぶらぶらを噛み合わせで止めるガチンと止めることになります。奥歯はこのとき顎をとめるストッパーとなり、強力な力がかかります。ここにインプラントが入るとがっちり顎を止めてくれます。私たちはこのストッパーに他の歯が助けられることで大きな安心を頂いています。執刀は和島先生です。

投稿者 mtadmin : 2005年9月09日 22:54

女性 臼歯3本にリプレイス使用。

リプレイスはノーベルバイオケアが製造販売しているブローネマルクインプラントシステムに対するもう一つのシステムです。違いを一言で言うとこちらは簡単システムといえます。世界の市場に対してインプラントの経験の少ない歯科医への普及と一般への普及を考えてのことです。使用するバーや道具を極力シンプルにして解りやすくしてあります。使う側が易しいということは患者さんにおいても安心と言えるかもしれません。このケースでは義歯はネジ止め式ではなくよりイージーなセメント接着式を選択。このインプラントの欠点は骨移植ができないことと骨の少ないケースでは骨のある方向に斜めに入れるということをしますがそれができません。歯槽骨形態がしっかりされているときは重宝なシステムと言えそうです。  

投稿者 mtadmin : 2005年9月07日 22:53

男性  右下の大臼歯2本です。

骨形態が良好であれば無切開の術式を選択したいところです。そうすることで術後の腫脹をなくしたり手術時間を短縮できます。しかしここは2ヶ月前抜歯をして骨補填材を入れたところ。なおり方を確認したいこともあり、従来の埋入をしました。ただし極力切開は小さくインプラントも短め。骨質は良好でした。男性の場合ご年配の方ほど骨が緻密で良好な方が多いようです。

投稿者 mtadmin : 2005年9月05日 22:51

青森八戸インプラントベーシックコース講演。

年に一度ここ八戸には講演に伺っています。定員10名のところ14名と熱心な先生方とご一緒しました。ここではインプラントのリスクについてお話ししました。インプラントの問題点は考えると1965年にインプラントが臨床応用されてから長期に渡る日進月歩のすえ現在は大変高い完成度を誇っていますので、言い換えるといろんなリスクは限りなく回避できるようになっているといえます。より安全を目指してという意味合いのおはなしをさせて頂きました。ここ八戸は魚介類がすこぶるおいしく、舌鼓をうって参りました。また来年訪れるときを楽しみにしています。お世話になりました。  

投稿者 mtadmin : 2005年9月03日 22:50

女性  骨幅きびしいです。5ミリ有るなしです。

右下の奥歯4本欠損です。CTで観ると骨幅が4ミリ~5ミリのところがあります。ほんらいこのままでは埋入を断念するところですが、骨移植もしないでなんとか埋入する方法を考えます。骨を押し広げながら埋入ホールを形成、骨を削り取る量を最小限にしながら、あるべき骨を広げていくテクニックを使いました。このお陰で移植なしに3.75径のインプラントがなんとか埋入できました。よかったですね。

投稿者 mtadmin : 2005年9月02日 22:49

男性  大きな空洞域がありました。

左右奥歯です。どちらも一番奥になる7番の部位が大きな空洞域で歯槽骨に陥没がありました。左は傾斜埋入で陥没域を避け、右は回避できないため切削骨を集めその陥没の中に骨を填入しました。いわゆる自家骨移植です。傾斜埋入したところは土台で角度を補正しますし、力学的には問題ありません。骨を填入したところは3~4ヶ月まってインプラントの埋入をします。左は骨質良好ですので即日荷重として、固定の仮歯をつくります。できるだけ早く入れ歯をいれないですめばと思いますので。

投稿者 mtadmin : 2005年9月02日 22:47

女性  左下4番部位の追加です。

以前埋入時にこの部位は骨質不良にため骨補填材を入れました。人工のβ―TCPを使用しているため長期間、6ヶ月待ちました。お陰で今回は骨質は充分な硬さが確保できていました。他のところは仮歯が入っていますので、治癒期間中、それほどのご不便はないようです。ここにはITI のSLAインプラントを使用していますので6週後に立ち上げます。口腔内全体の構成を考え最終補綴は全てのインプラントが生着してから作って行きます。

投稿者 mtadmin : 2005年9月01日 22:42

ページトップへ

Profile プロフィール

医療法人 西村歯科 理事長

Category Archive カテゴリ

Monthly Archive 月間アーカイブ

  • LiCCAで行っている治療の流れ
  • セカンドオピニオン
  • 治療費とトリートメントコーディネーターのご案内
  • よくある質問
  • 医院概要
  • 書籍・メディア情報
  • 理事長日記
  • スタッフブログ
  • 採用情報
  • UNDER ARMOUR

Copyright © Nishimura Dental Clinic. Rights Reserved.