トップページ > 理事長日記 

理事長日記

理事長日記

女性  上顎総インプラントとできれば即時荷重です。

インプラント埋入後、即時の歯を入れられるよう準備バンタンで望みました。残念ながら骨質が柔やわで、それぞれやっと20~30ニュートンの初期固定。これでは即時の歯は入りません。半年以上の治癒を待つ必要があります。治癒期間中は天然歯を3本なんとか使用いただきこれを支台に歯を入れます。なんとかもってくれることを願って。即時荷重は世界的に普及してきましたがやはり日本人の骨にはなかなか適応する方は少ないですね。

投稿者 mtadmin : 2005年8月30日 18:32

男性  両側のサイナスリフトです。

左はCTで見る限り洞内粘膜は10ミリほど肥厚しています。慢性の粘液膿胞でしょうか。経験から言って、こういった場合でも、そのまま肥厚した粘膜を持ち上げ補填材を填入しても多くの場合骨ができていますが今回は膿胞摘出をします。摘出後うまく洞内に血液を貯留することができれば骨ができます。それを期待してまってみます。骨ができなければ洞内の炎症がなくなってからサイナスリフトをします。右もやや問題がありましたがしばらく観察をつづけていきます。

投稿者 mtadmin : 2005年8月29日 18:32

女性  恐がりの方です。ご遠方よりお越しです。

麻酔医による鎮静で寝ながらさせて頂きます。右下は昔歯があったときに傷んだのでしょうか、歯槽骨に陥没域と空洞域がありそれを避けての埋入となりました。左下は良好です。下は骨質柔い中でも初期固定がしっかりと得られました。治癒期間入れ歯をお使いですので、インプラントをいためないよう2回法として粘膜下に完全に入れてしまいます、また3ヶ月後に2次オペです。これが手間のようで一番安心です。上顎は骨質柔やわです。手前は上顎洞に少量の骨移植をします。いわゆるソケットリフトです。ここの2本は8ヶ月おきます。終わった時、上も終わったのですかと聞かれましたので、鎮静が充分効いていたようです。

投稿者 mtadmin : 2005年8月27日 18:32

男性  インプラントリピーターの方です。

今日は右下2本です。なんとか持たせていた天然歯がいよいよ抜歯。ここに2本の大臼歯用インプラントを埋入です。執刀は和島先生。綺麗に確実な埋入ができました。骨質は硬く形態も良好。治療が終わってから、オペ着としてスポーツ用ジャージを着て頂いていますが、それが暑かったようです。すみません。夏用バージョンのスウェット生地のもの用意しますね。

投稿者 mtadmin : 2005年8月27日 18:32

男性  先端付近に空洞域があります。

右下6番。ずっと昔に抜歯されたところです。レントゲン像では根尖付近に空洞がありそうです。実際のドリル形成では歯槽頂から4ミリあたりで空洞域に入りました。つまりインプラントを支える固定は入り口の数ミリということになります。それでも20ニュートンの固定が得られていますので治癒期間を数ヶ月置き待ちます。この空洞域ができる原因は抜歯時の骨の廓清(不良肉芽の除去)が十分でなかったためです。インプラント治療をする時代にはこの廓清はかかせないものになってきたことを痛感します。執刀は平山先生です。

投稿者 mtadmin : 2005年8月27日 18:32

女性  骨補填半年後です。

左下一番奥、今年3月に6番を抜歯、大きな抜歯窩ができました。骨補填をしましたがインプラント埋入にあたって、抜歯窩が大きすぎるため、新しく造成した歯槽骨の範囲にだけにインプラントがサポートされます。そのためる、よほど硬く造成されなければなりません。そこで半年待ちました。他のところは仮歯が入り咀嚼はご不便無いようにさせて頂きました。50ニュートン以上の固定を得ました。上々です。

投稿者 mtadmin : 2005年8月26日 18:32

女性 長崎からお越しです。

昔、他医院でなさった左下のインプラントから排のうがありその都度歯科医にて治療されていました。残念ながら昔のインプラント粗造面は骨が造成しやすい反面、細菌の繁殖もしやすい欠点をもっています。あきらめ除去させて頂きました。ここももうあまり神経のところまで余裕が無く、短いインプラントで対応です。ノーベルショーティーという短いものです。短いときの欠点である初期固定の悪さも改善、強力な固定を得られます。骨のあるところを探して、斜めになんとか入れました。仮歯の型取りも当日行いますので、次は次回来院のとき3ヶ月先ですが本型をとり仕上げます。そうすることでご遠方からの通院でも3~4回で終わります。

投稿者 mtadmin : 2005年8月24日 18:32

女性 左下1本目骨吸収の陥没あり。

ここは骨のあるところをなんとか探し、奥に傾斜させての埋入です。こういった骨形態の条件が制限されたところではやはりブローネマルクインプラントになります。ITIに代表される簡単インプラントは骨形態がかなり良好なところだけになります。ですからここより奥は簡単インプラントを選択。それぞれの状態でセレクトですね。

投稿者 mtadmin : 2005年8月22日 18:32

男性 海外赴任よりご帰国、ご紹介でいらして頂きました。

上顎5本埋入。骨質がよく、初期固定がよければ即時荷重をする予定で歯を作っていました。5本中4本は初期固定よし。1本のみ30ニュートン、その1本が一番負荷のかかるであろう前歯部分、「即日固定歯」を作ろうか皆で10分ほど意見を出し合いました。充分大丈夫という考えもあり、それぞれ。最終判断は、もちろん私がしました。今回は、万が一を考え治癒期間は今までの入れ歯を使って頂く事にしました。残念ですがもうちょっと我慢してください。急がば廻れですね。より安全で確実な道を取らせてください。

投稿者 mtadmin : 2005年8月22日 18:32

女性 上顎全ての歯が揺れています。上顎総インプラントです。

歯槽膿漏が長く、揺れている歯もなんとか保つところまで、ということで現在に至りました。歯槽膿漏で長くおかれますと歯槽骨が吸収をおこします。抜歯即時埋入でしましたが、予想よりひどく吸収が進みほとんど骨は無い状態です。なんとかあるところを肉眼とCTで見つけ出し埋入です。粘膜下に置き6ヶ月間治癒を待ちます。骨移植や骨補填もしましたので、完全埋入型です。治癒期間後2次オペを行います。完全埋入式を選択する限り、どのような条件でもインプラントの埋入は出来ます。この半年入れ歯ですが我慢して頂くとその後はバラ色ですね。

投稿者 mtadmin : 2005年8月20日 18:32

女性 上顎総インプラント。

5年前に右上3本インプラント治療をさせて頂いています。その後他の歯が駄目になり、追加埋入で総インプラントにいたします。骨幅が5~6ミリの所ばかり、即日荷重をなんとかしたい思いで頑張りました。うれしいかな、なんとかそれぞれ50ニュートンを得られ、固定式のはが当日に入りました。これにて入れ歯から解放。治癒期間を待って本歯を作りますね。

投稿者 mtadmin : 2005年8月19日 18:32

男性 今日は暑くてふらつくのでオペの日の変更をご希望です。

お聞きすると、明日はお孫さんと観劇とか、それもあってオペの日を変更ご希望でした。オペ前のご説明用紙に大事をとって注意事項が沢山書いてあります。たとえばしばらく食事がご不便になります。腫れます。お風呂をひかえてください。運動をひかえてください。等々。そのためもあってご心配だったようです。勿論ご希望に合わせて日の変更もいたします。でも実際以上のご心配をされていることで申し訳なく、それほど大したことではない旨をご説明すると、ではやってみましょうかということになりました。右下2本20分ほどで終了。その間よく寝ておられていました。終わってのご感想は「ぐっすり寝て、とても壮快ですよ」この言葉をおききして一同うれしく爆笑。

投稿者 mtadmin : 2005年8月19日 18:32

女性 上額臼歯です。

右上一番奥は抜歯窩を避けての傾斜埋入、この右の3本は意外と骨質良好です。左上一番奥、予想通り骨質やわ柔です。ここは8ヶ月待ちます。長期に臼歯部を失っていますので、咬筋の力がなく長く開口で来ません。子供に使用する開口器がありますので、それを使って治療します。歯が入りますとまた筋肉がつき、顔にも張りが出てきます。お楽しみに。

投稿者 mtadmin : 2005年8月17日 18:32

男性 上顎総インプラントを無切開でします。

無切開で骨面を見ないでインプラントを埋入します。そのためCTとコンピューター画面で骨形態を把握、画像の中でシミュレーションを行いインプラントの埋入方向を確定したドリルガイドとなるテンプレートを仕上げます。このシステムは現在ベルギーでしか行っていませんので製作に3週間かかりますが、これがあれば無切開でインプラントができるため、出血がなく腫脹もなく外科時間が大幅に短縮できます。一番奥は骨が無く骨補填材を入れ骨造成をします。

投稿者 mtadmin : 2005年8月17日 18:32

女性 9ヶ月前にサイナスリフトした部位です。

今日は右上、9ヶ月前サイナスリフトで骨を造った場所にインプラント3本埋入です。他の部位はそのときインプラントを入れて現在仮歯が入っています。正確には右下一番奥は今日2次オペしました。下のこの部位は骨高さが無く、短いインプラントと骨造成がなされましたのでいままで治癒を待っていました。サイナス部分は硬い骨ができていました。どれも50ニュートンの初期固定ですから下顎の硬い骨の部分と同じ硬さです。いよいよいい歯が完成しますね。

投稿者 mtadmin : 2005年8月16日 18:32

女性 他院でインプラントされています。

何本かのインプラントがだめになったそうです。現在使用している1番相当部位からも排膿があります。残念ながら駄目なところを除去、追加のインプラントを埋入させて頂き作りかえて行く予定です。追加が4本、使えるインプラントが3本合わせて7本のインプラントで総インプラントを仕上げます。除去するインプラントの時期は全体のインプラントが生着してからにします。排膿している1番部位のインプラントもTPS表面を研磨してなんとかもたせてみます。この次はしっかりした長期間使って頂ける歯をご提供いたします。

投稿者 mtadmin : 2005年8月16日 18:32

男性 下顎総インプラント&即日歯を仕上げます。そして上顎サイナスリフト。

下顎には残存歯が数本あります。どれも揺れていて使えませんので抜歯です。抜歯後即時に埋入です。即日荷重の仮歯を入れるため9本埋入です。骨質に不安があるため多い本数の選択となりました。上の前歯もかなりゆれていますので長くはなさそうで、近い将来のため上顎洞挙上術をしておきます。治療量が多いため今日は半日いただいてかかりきりですが、これが一番早くて近道と考えます。

投稿者 mtadmin : 2005年8月15日 18:32

男性 破折した前歯と動く入れ歯をインプラントに。

左下の6,7番の入れ歯は5番部位にキーがあるアタッチメント式の入れ歯です。入れ歯の中では一番使いやすいものですが、やはり動いて咬み難いということでインプラントにさせて頂きます。前歯のブリッジは左上の1番が破折していてインプラントブリッジに置き換えます。幸い応急処置でしばらく使えそうですので、治癒期間の4ヶ月ほど仮り歯として使います。下は骨質良好。2ヶ月後に型取りを始めます。

投稿者 mtadmin : 2005年8月12日 18:32

女性 下顎左右臼歯です。

骨幅が数ミリから6ミリまでの薄い歯槽骨です。左の小臼歯部はトライしましたが断念、骨造成をしました。骨造成したところは4ヶ月後埋入します。その後3ヶ月後に補綴です。右下はなんとかブローネマルクシステムで薄い骨に対応、3本入りました。右下は骨質はよく即時荷重です。左は半年ほど入れ歯で治癒期間我慢して頂きますから右だけでも咬めるようになればと思います。

投稿者 mtadmin : 2005年8月11日 18:32

男性 最小のインプラント埋入です。

右下奥に追加埋入です。下歯槽管神経が直ぐ近くを走っているため最小の5.5mmのインプラントを埋入しました。この製品は最近出たものでまだ日本での発売は1年以上後になるそうです。使用頻度が多く役立ちそうですので早く発売をしてほしいものですね。初期固定は50ニュートン、即時荷重できます。上顎はサイナスリフトの治癒待ちですから下から仕上げてきます。

投稿者 mtadmin : 2005年8月11日 18:32

女性 下顎両側奥歯です。

思ったより骨幅が少なく難航しました。右奥は昔のサファイヤインプラントを除去、骨欠損をきたしているため、ここのインプラントは骨のあるところに斜めに埋入しました。後にアバットメントで角度を補正します。左奥のサファイヤインプラントは1本除去しましたが骨幅の少ないところでの除去のため大変難しくダメージを最小限にするための工夫をしました。大変珍しことですがサファイヤインプラントは本来歯肉にしかつかないのですが、このケースは骨と癒着をしていました。手前の方はサファイヤが折れていたので除去しましたが奥の方のサファイヤインプラントは保存することにしました。術後入れ歯を3ヶ月使って頂く予定でしたが骨質良好なため即日荷重をかけることにしました。これからは入れ歯から解放です。良かったですね。

投稿者 mtadmin : 2005年8月09日 18:32

男性 前歯1番です。

骨欠損が大きく高さを5ミリほど失っています。失った骨の分を審美的に取り戻すには骨移植をするか補綴で歯肉部分を作るかのどちらかになります。今回は患者さんのご希望で骨移植はせずに補綴で回復することになりました。それでも最近の補綴は見た目はかなり精巧に作ることができますから、長期間かかる外科の他に今回の選択もよいかと思います。少ない骨なりに硬い骨質で大変良好でした。4ヶ月まって歯を作ります。

投稿者 mtadmin : 2005年8月09日 18:32

AAED米国審美学会に行ってきました。

由緒ある学会ということとクローズの仲間内の会であったことで、普段本の中でしかお会いできない名だたる先生方と身近にお会いできました。新しい情報としてはコラーゲン膜の利用による歯肉の移植、セラミックの新素材など多くの参考になるものがありました。毎日がウェルカムパーティーでこれがまたアメリカらしい盛り上がりで楽しい日々でした。また自分の臨床の参考にできればと思います。(右端 筆者)

投稿者 mtadmin : 2005年8月08日 18:32

女性 左上、柔やわの骨でした。

形成したホールが直径2ミリ、埋入したインプラントが直径4ミリです。一番奥になる7番目のところは空洞域でしたので骨補填材を入れ、骨の改造をしました。口蓋側にそれぞれ傾斜していれていますのでレントゲン的にはそれぞれが重なって見えていますが実際は離れています。8ヶ月待ち、骨とのつき方を機械(オステル)で測定します。

投稿者 mtadmin : 2005年8月02日 18:32

女性 麻酔が効きにくい方です。

工夫としては左上は無切開で埋入しました。少しでも麻酔量を少なくてもよく効かすためです。左奥はサイナスリフト。ここは麻酔の効きやすいところ。通常の2倍量で効きました。いちばん奥のサイナスリフトは器具の届き難いところです。右上は口蓋側の骨を利用して埋入します。CTでよく吟味しながらがっちりと入りました。ゆっくりしていると麻酔が切れてきます。通常量の3番の麻酔が必要でした。でも麻酔が効かないということではありませんからご心配はいりません。右上は硬い硬い骨、珍しいです。長さ7ミリがやっと入る堅さです。短くても有利な骨質でした。

投稿者 mtadmin : 2005年8月02日 18:32

2日~8日 明日から審美学会です。

米国で一番古い審美学会、格式のある学会といっていいでしょうか、に行ってきます。普段はクローズの会で会員以外の参加はできないのですが、今回は学会長がマーチャック先生で懇意にして頂いていることからご紹介頂きました。審美と言えばやはり米国が一歩前に進んでいますので、現在の審美の最先端を勉強してまいります。大変楽しみな会ですが一つ気にかかる事はフォーマルなダンスパーティーがあること、これがドレスコードがブラックという指定、つまりはタキシード着用です。欧米の格式ある会にはパーティーがついているわけですが、こういったところで壁の花ならず壁のシミみたいな存在で不慣れなのはまだまだ修行不足でしょうか。とりあえず楽しんでまいります。また1週間後登場します。

投稿者 mtadmin : 2005年8月02日 18:32

男性 上顎総インプラントです。

前歯部分を抜歯、そこへ即時埋入。奥にも入れて総インプラントです。埋入後は治癒期間は総入れ歯を使用いただくことになっていました。ご本人も入れ歯を覚悟されていましたが治療中、いろいろと工夫をした結果、全てのインプラントが50ニュートンでとまりましたので急きょ、即時荷重の歯を作り始めました。良かったです、今日から入れ歯を入れることなく食事を楽しんで頂けます。残っている歯を抜歯させて頂くときは特になんとかもとの状態は確保して帰って頂きたいものです。

投稿者 mtadmin : 2005年8月01日 18:32

ページトップへ

Profile プロフィール

医療法人 西村歯科 理事長

Category Archive カテゴリ

Monthly Archive 月間アーカイブ

  • LiCCAで行っている治療の流れ
  • セカンドオピニオン
  • 治療費とトリートメントコーディネーターのご案内
  • よくある質問
  • 医院概要
  • 書籍・メディア情報
  • 理事長日記
  • スタッフブログ
  • 採用情報
  • UNDER ARMOUR

Copyright © Nishimura Dental Clinic. Rights Reserved.