トップページ > 理事長日記 

理事長日記

理事長日記

西村 眞

4月22日より2週間、私、西村はお休みを頂いております。新しい技術や新しい情報などこの期間にたくさん入手しまして次のステップに役立てたいと思っています。私が休みの間も診療所は普段通り診療していますので、いつでもお気軽にお越し下さい。5月6日から以降、多くの方よりオペの予約を頂いております。またより良い治療ができますよう精進いたしますのでご期待ください。6日より院長日記、再開致します。

投稿者 mtadmin : 2005年4月22日 18:05

女性 下顎総インプラント&即日、歯が入ります。

即日に歯を入れるためには前もって入れる歯を作っておきます。インプラント埋入時間は1時間から1時間半、歯の作製にはやはり1~1時間半ぐらいです。最近は手術のダメージや痛みを極力軽減することや、治療時間を極力短縮するようになってきています。痛みもなく、歯が出来ます。今日から咬めますよ。お楽しみ下さい。

投稿者 mtadmin : 2005年4月21日 18:05

男性 矯正のための固定源インプラント。

従来の固定用インプラント(アンカーインプラント)はピンタイプのものはすぐに脱落する物が多く問題がありました。今回は新しいタイプを使用しました。インプラント形状がテーパーがついていることで固定が強く、即日に使用できます。また、切りかき能力が優れているので簡単に硬い骨でも入っていきます。使用感は上々でした。

投稿者 mtadmin : 2005年4月21日 18:05

男性 奥歯が欠損のままだと顎位がずれます。

この部位の欠損が一番多いケースです。たった2本の欠損ですが、この欠損を放置しますと上顎の対合歯が挺出してきたり、隣の歯に負担がかかり動揺を来したり片側咬みのために顎位がずれたり、顔の輪郭が対照的でなくなったり、背骨が曲がったりしてきます。ワイドのインプラントが強固に入りました。歯ぎしりの傾向がありますので、補綴は2ヶ月後にいれることにしました。

投稿者 mtadmin : 2005年4月20日 18:05

男性 1年に一カ所ずつインプラントを入れられます。

数年計画でインプラント治療をされています。今回は下の前歯を完成させたいというご希望です。骨質は硬く良好でしたので固定式の仮歯ですが即日装着できます。少しずつ歯が出来るのも楽しみですね。

投稿者 mtadmin : 2005年4月20日 18:05

女性 ガミースマイルも治します&上顎総インプラント。

笑うと歯茎が見えてしまうのをガミースマイルといいます。総インプラントをするこの機会に歯槽骨整形も行い、ガミースマイルを治します。治療に入る前に十分な診断とシミュレーションを行い予定された位置にインプラントを埋入していきます。通常の埋入と違いますので神経を使いますが、最終仕上がりを想定しながらの治療は大変楽しみです。よく噛めて、きれいなスマイルをご提供できる日が待ち遠しいですね。

投稿者 mtadmin : 2005年4月18日 18:05

男性 うけ口を治すためには臼歯部に歯が必要です。

このかたは、うけ口、いわゆる反対咬合です。特に臼歯部に歯がないと、噛み合わせがうけ口になる方が多いです。下顎を安定させるためには臼歯部に顎を支える意味でも歯が必要になります。現在、反対咬合の改善のため小臼歯部にメタルの仮義歯を入れ、噛み合わせを上げ、調整しています。臼歯部に2本ずつインプラントを入れ、インプラントで強力な咬合の支持が出来るようになれば、改善ができます。出来るだけ早期にインプラント仮歯を入れられるように初期固定の強い埋入を心がけました。しかし、噛み合わせにくいしばりや歯ぎしり等があるため十分な骨生着を待ちます。下顎は6週で、上顎は4ヶ月ほどで立ち上げます。

投稿者 mtadmin : 2005年4月16日 18:05

女性 1歯分の骨移植です。

よくあるケースです。歯牙破折や歯槽膿漏で抜歯する状態になるときは歯槽骨も失います。特に、下顎小臼歯部分はもともと骨幅がないところですから唇側の骨が飛びます。今回は骨移植だけになります。骨補填材を使用。吸収性の人口膜を使用。見かけよりは外科的な浸襲を極力おさえての治療が出来ます。術後の疼痛はほとんどありません6ヶ月ほど骨が出来るのを待ち、インプラント埋入に入ります。

投稿者 mtadmin : 2005年4月15日 18:05

女性 まずは右下からご希望です。

欠損部位が臼歯部それぞれにありますが、インプラントへの不安もお持ちですので、まず一番歯が欲しいと思われているところにお作りします。幸い、骨質は良好で固い骨用のインプラントを使用いたしました。治癒期間は大事を取って2ヶ月お待ち頂きます。現在は入れ歯もお使いでないので歯が出来れば感動して頂けると思います。楽しみですね。

投稿者 mtadmin : 2005年4月13日 18:05

男性 左下奥3本とサイナスリフトです。

骨質は良好でした。小臼歯部分は骨幅が数ミリと薄くなっています。これは下顎の小臼歯部分によくある現象です。もともと骨幅が細いところで抜歯することでなお、平均4ミリ歯槽骨が細くなります。インプラント周りに切削骨を集めて、簡単な骨移植をします。右上の上顎洞挙上術は一番奥6番、7番、で器具の入りにくいところです。しかも、6番は抜歯せず保存したままでその上に骨移植というのが一番難しい条件になります。少々時間がかかりましたが、超音波骨切削を使用、難度Aクラスですが成功です。

投稿者 mtadmin : 2005年4月11日 17:50

男性 今日はジーシーのライブセミナーです。

症例はタイプとしては一番多いケースです、下顎臼歯部欠損所例です。熱心な先生方にお越しいただき、勉強会をしながら進めました。左下、5.6.7番の部位にインプラントを埋入。手前と、奥は骨質が柔らかくそのための対応をしました。右下は4ヶ月前、他医院にて抜歯。十分な治癒をしないまま今日に至りましたので、抜歯窩の陥没部分をさけてインプラントを埋入。治療ついでに骨の欠損部分には骨補填を致しました。セミナーのケースとしては、抜歯後早期埋入のケースとポピュラーなケースの2症例をみていただき、充実した勉強ができた思いです。皆さんご苦労様でした。

投稿者 mtadmin : 2005年4月09日 17:50

女性 右上6番です。

やや先端の骨が足りないかもしれません。上顎洞内への骨移植が必要であれば、サイナスリフト開窓法でいくかソケットリフトかを選択します。粘膜を剥離して形成をしてみるとインプラントの長さは10ミリはとれそうでした。インプラントの先端部分を上顎洞の洞底部分に固定させる方法を取り、11.5ミリのインプラント長径を確保。良好な初期固定を得ることが出来ました。骨移植を回避することができ何よりでした。

投稿者 mtadmin : 2005年4月08日 17:50

男性 9ヶ月前、両側の上顎洞挙上術をしています。

今日はいよいよインプラントの埋入です。下顎は以前にインプラントを入れてあり、現在インプラントの仮歯を使用していただいています。骨のあるところはインプラント治療は早いですね、骨移植が入ると長期になります。今日は上顎両側のインプラント埋入。少し骨が出来ていないところもありました。でもこれは予想の範囲で、以前洞内の粘膜が薄かった部分でフォローしたところです。インプラントを機能させるには全く問題ありません。左右、3本ずつのインプラントは将来に掛けて良好な噛み合わせを約束してくれます。

投稿者 mtadmin : 2005年4月05日 17:50

月曜日 女性 右下にとりあえず歯が欲しい。

というご希望です。右下、前からかぞえて1番から6番目までの歯をインプラントで作る予定です。インプラントは前から数えて、2番目と4番目、5番目に3本入りました。それ以外の場所はレントゲンでは解りにくいのですが骨が吸収していて、埋入に適さずあきらめました。3本入ることで歯冠部は5~6本入ります。ここで咬めるようになればまた他のところもトライしたいとのことです。

投稿者 mtadmin : 2005年4月04日 17:50

女性 1年前に骨移植していました。

しかも3カ所。それぞれの場所には良好な骨が出来ています。我ながらに感動でした。右下、左上、そして前歯部分とそれぞれ埋入させていただきました。また、数ヶ月待って頂きますが。今度はいよいよ歯ができますので楽しみです。

投稿者 mtadmin : 2005年4月04日 17:50

女性 2本のインプラントと磁石の入れ歯予定。

骨質は良好です。でも骨量がないところばかりでしたので、骨のあるところへ2本埋入しました。磁石かまたバーアタッチメントを使った入れ歯にしましょう。現在ほとんど咬めない入れ歯を使っておられますので早く咬めるようになって頂きたい思いです。

投稿者 mtadmin : 2005年4月02日 17:50

女性 デコボコの歯槽骨でしたができました。

インプラントの埋入できた場所以外は全て骨補填をしています。即日の仮歯を使用するため、仮歯インプラント(細いインプラント)を右前に2本埋入してあります。これを土台にして仮歯ブリッジを入れます。他の本歯用インプラントは初期固定があまり得られていませんので少しの間でもこの仮歯インプラントが使えることを期待しています。

投稿者 mtadmin : 2005年4月02日 17:50

女性 右上上顎洞への骨移植です。

このケースは、上顎洞の中が、中隔により2つにわかれています。パノラマレントゲンでややその傾向が観察できます。こういった場合は頬側の窓あけは2カ所行います。2カ所あけてから、中でつないでいき全体の洞内粘膜をリフトアップしていきます。ちょっと手間ですがきれいに上がりました。半年以上の待ち時間が必要ですが、またそのころインプラントを埋入します。

投稿者 mtadmin : 2005年4月01日 17:50

女性 下顎1本ずつと上顎洞移植。

奥歯は高さを失った骨のため、視界が悪く作業の難しいところでした。ここは神経が近くを走行しているため、視界が悪いとなお気を遣うところです。上顎は手前の4番部位は骨幅がなく、厚みを作るための骨移植、いわゆるベニア移植を行い、5番、6番部位は上顎洞への移植をインプラント埋入と同時に行いました。3カ所さわらせていただきましたが、麻酔医の鎮静のもとほとんどお休みの状態で出来ました。

投稿者 mtadmin : 2005年4月01日 17:50

ページトップへ

Profile プロフィール

医療法人 西村歯科 理事長

Category Archive カテゴリ

Monthly Archive 月間アーカイブ

  • LiCCAで行っている治療の流れ
  • セカンドオピニオン
  • 治療費とトリートメントコーディネーターのご案内
  • よくある質問
  • 医院概要
  • 書籍・メディア情報
  • 理事長日記
  • スタッフブログ
  • 採用情報
  • UNDER ARMOUR

Copyright © Nishimura Dental Clinic. Rights Reserved.