トップページ > 理事長日記 

理事長日記

理事長日記

女性 骨は空っぽでした。

左上は6番部位に垂直的な骨移植を行い、歯槽骨の造堤術をしました。7番部位には骨があるように見えますが、骨内がしょぼしょぼでしたので骨補填材を填入しました。さて、右上は骨が柔らかそうですので慎重に1本埋入しましたが、初期固定がえられず中止しました。そこで、右上6番、7番部位は骨内が空洞域になっているということで、小さなホールを開け、そこから骨補填材を填入、骨質の改善を待ってまたインプラントの埋入をします。今日は骨移植だけになりました。レントゲンで白くなっているところが骨補強材です。

投稿者 mtadmin : 2005年3月30日 17:24

女性 予想以上に細い骨でした。

今回は左下2本のみをご希望です。パノラマレントゲンからは骨の高さは十分にあります。口腔内所見からは骨幅もなんとかありそうという判断から当初、1回法インプラントを選択しました。1本目はなんとか骨幅ぎりぎりで埋入できましたが、手前は骨幅が4ミリしかなく形成途中、骨移植を行いました。吸収性の人口膜や人口骨を使用。インプラントも歯肉下に完全埋入できる2回法インプラントに修正埋入し、骨移植と同時のインプラントとなりました。オペの進行の中で臨機応変に対処することはとても大切です。患者様にも快くご理解頂き満足のいく治療ができました。なんにしてもすぐにいろんなケースに対応できるスタッフの準備の良さに敬服です。ありがとう。

投稿者 mtadmin : 2005年3月29日 17:24

男性 抜歯後良い骨が出来ていました。

16年8月に骨移植をしました。そのお陰で今日はとても良い骨が出来ていました。ワイドのインプラントを埋入、いわゆる六才臼歯の再現です。これからこの歯は、いままでの六才臼歯以上に頑張ってもらえそうです。

投稿者 mtadmin : 2005年3月29日 17:24

女性 難しいサイナスリフトとベニア骨移植。

左上の上顎洞は中に中核壁があり窓明けが出来ません。中核をはずして窓を開けました。むつかしいケースでしたが、一つクリア。つぎに前歯の骨移植です。これは他医院でのフォローとなります。下顎の親知らずの辺りから骨を貰ってきて、前歯の骨造堤をします。骨採取が難しく、超音波骨切削器や骨ノコギリを使用。 3時間かかってしまいましたが患者さん自身は鎮静が効いていてそれほど長くは感じず治療ができました。持てる技術とすぐれた材料と最新器具の投入です。

投稿者 mtadmin : 2005年3月28日 17:24

男性 心筋梗塞のため血液の流れやすい薬を服用されています。

つまりは止血がしにくいということで、こういった薬は術前服用を止めてもらいますが体調優先として、当医院ではできる限り服用を続けていただきます。術中の止血に関しては切開をしない方法や、その他いろいろな工夫、止血薬剤を使用します。患者様が高齢(85歳)ということで息子様が心配されていましたが、何の問題もなく終了。インプラントと磁石を使った義歯を入れていきます。

投稿者 mtadmin : 2005年3月28日 17:24

男性 骨質硬し!細し!難しい!

骨質の硬いのはそれほど難しくはありませんが、骨幅が細いと形成したホールにインプラントがまっすぐ入りにくい状態になります。切りかき能力の高いインプラントが必要ですが今回はねじ山を切るタッピング操作をしました。それでも埋入方向が定まりにくいものでした。

投稿者 mtadmin : 2005年3月26日 17:24

男性 若い男性の奥歯です。

これから先が長いですよね。しっかりしたインプラントの埋入です。ワイド2本を選択です。 2ヶ月の治癒期間で立ち上げます。現在の方法であれば即時荷重も可能ですが、大事をとりましょう。今の2ヶ月は将来の数十年から見れば一瞬ですから。

投稿者 mtadmin : 2005年3月25日 17:24

女性 右上の犬歯抜歯後に即時のインプラント&前歯。

前歯5本欠損です。犬歯は抜歯して即時のインプラントです。犬歯は歯根が大きく、しかもこのケースは唇側に転位しているため、インプラント埋入後、抜歯したホールに骨補填が必要でした。そのため6ヶ月の治癒期間をとります。ほかの部分はグッドな骨状況でした。

投稿者 mtadmin : 2005年3月25日 15:14

男性 サイナスリフトが続きます。

この術式は頬骨に窓明けをしますが、この骨の厚みは平均1ミリありません。言えば卵の殻のような薄さ、ここを削ることは繊細な注意が必要です。今回のケースは非常に珍しいといえます、頬骨が4~6ミリの厚みがありました。なかなか洞内に到達せず、気を使いました。しかし今回も超音波骨切削器の使用で綺麗な成功を収めました。この新しいエンジンが来てから、ここのところサイナスリフトが多いですね。

投稿者 mtadmin : 2005年3月23日 16:26

男性 前歯の骨移植 プラス インプラントの埋入です。

前歯は気を遣うところ、プラス骨移植は一番気を遣いますね。麻酔医の玉崎先生に鎮静をしていただきながらゆっくりと取り掛かりました。幸い自家骨採取でなく、骨補填材と人口の膜を利用しての骨造堤ができました。歯肉の部分も抜歯後の治癒不全のためガタガタしていましたので整形し整えました。審美セラミックのための準備ができたという感じです。あとは6ヵ月後、ホテツ医に自信をもってお願いできます。綺麗に仕上げていただきます。

投稿者 mtadmin : 2005年3月22日 16:26

女性 骨が出来ていました。驚きと喜びです。

この患者様は某地方国立大学医学部、口腔外科で特殊なケースとして、サイナスリフト(骨移植)が出来ないと診断、そのためインターネットで当医院に来院され何とかならないでしょうかということでした。上顎洞粘膜が無い状態でのサイナスリフトは例が無く、人工の膜と人工の骨補填材、吸収性の糸等を使用、8ヶ月前に考えられるすべてに挑戦ししました。 CTで確認するところ充分な骨ができています。埋入オペも40ニュートンという初期固定が得られ上々です。この術式はある意味で基本からの発想ですが、画期的な結果が得られたとおもいます。その後、同じようなケースを2例していますが、レントゲン的にはいい結果が得られていますので、これからが楽しみです。

投稿者 mtadmin : 2005年3月22日 16:26

日曜日 クラブ22の症例検討会。

小宮山先生のスタディクラブで症例発表でした。題目は色々考えましたが「Implant Today」としました。今のインプラントのあれやこれやのトピックスです。なかなか好評におわりました。クラブの先生方のなにかの参考になればうれしい思いです。

投稿者 mtadmin : 2005年3月20日 16:26

女性 またまた超音波骨切削エンジン(piezo)の出番です。

サイナスリフト(上顎洞挙上術)です。頬骨の窓明けのための骨切削にはいろいろな切削具がありますが、このピエゾを使うと切削のための削りシロがほとんどないことに驚きます。つまり無駄に削りすぎることがなくなりました。それと軟組織をいためないということでストレスフリーですね。これから医療は特に外科治療は術者のストレスフリーと患者さまのストレスフリーを考えていくことが大事だと実感します。痛くなく、早く、そして綺麗を追求していきます。一歩一歩日々前進ですね。

投稿者 mtadmin : 2005年3月19日 16:21

女性 上顎前歯です。

以前に下顎と右上にサイナスリフト(上顎洞堤骨移植)をしてあります。上顎洞の部分は現在治癒期間待ちです。特に白っぽくなっているところが骨補填材の色です。前歯は審美的に一番気を遣うところです。埋入位置が0コンマ数ミリズレタリ浅くなったりすると補綴に影響してきます。慎重に埋入。最適なところに入りました。奥歯はもう数ヶ月してから埋入です。少しでも早い時期に前歯部分を仕上げていこうということで、前歯、奥歯の治療工程を2期的に行っています。

投稿者 mtadmin : 2005年3月19日 15:14

女性 追加埋入とサイナスリフトです。

以前インプラントセミナーでライブオペをさせていただいた方です。あれから色々と忙しくなられほぼ10ヶ月がたちました。そのときは骨形態の不備から右下に2本だけ埋入させていただきました。その折、骨補填をしていましたので、今日はいい骨ができています。今日は左下3本と右下奥から2本目のところです。それと左上のサイナスリフトです。今日も超音波骨切削エンジンの出番です。この器具を使用するとやや時間がかかりますが、安全です。今日は残遺骨が数ミリあるため骨移植同時のインプラント埋入をしました。なかなかいい結果です。

投稿者 mtadmin : 2005年3月17日 16:21

男性 とっても外科が苦手な方です。

以前右上をインプラント治療させていただいています。また、お兄さんの方も10年程前ですが前歯部にインプラントさせて頂いています。左上の天然歯がぐらぐらの状態でしたが、何とかなんとか、持ちこたえていよいよ駄目になり抜歯させていただきました。右上の時は痛くなかったのでまたインプラントに踏み切って頂きました。長期に傷んだ歯を放置していましたので、大臼歯部の骨はひどく骨吸収を起こしていました。しかしながら残っている骨の骨質は良く良好は埋入ができました。また両側でしっかりかんでいただける日を楽しみにお待ちください。

投稿者 mtadmin : 2005年3月16日 16:21

女性 院内研修旅行から帰ってきました。

しばらく診療から離れていましたので今日からまた新たな気持ちでスタートです。まず午前中の患者さまは左下への埋入と右上上顎洞挙上術(骨移植)です。左下の大臼歯に当るところは骨幅もあり基本的な対応できれいに入りました。小臼歯部分は骨幅がなく、といいますか、ぎりぎりでしたのでやや舌側に在る骨を利用、やや傾斜させましたが意図的なもので、その傾斜は後でホテツで対応していきます。下はぎりぎりでも骨移植なく収まりました。 上顎はいわゆるサイナスリフト、今日は新しく入った、超音波骨切削エンジンを使用しました。これは骨は削れますが軟組織は傷つかないというもので、このサイナスリフトという特殊な術式用に開発されたものです。イタリアでの開発物で暮れから待っていましたが、やっと入手できました。サイナスリフトの失敗のほとんどは洞内粘膜を傷つけてしまうからですが、その問題が解決される画期的な器具ともいえます。使用感は上々、またバージョンアップです。しかしながら器具だけに頼る訳ではなく、手術はあくまで技術の研鑽のうえに成り立っています。

投稿者 mtadmin : 2005年3月16日 16:21

女性 即時荷重です。

5年前に上顎の総インプラントをさせていただいています。今日は下顎のほうのインプラントとなります。抜歯する歯が何本かありますが抜歯即時埋入ということで、抜歯とインプラントが同時にできますので、外科的なご負担は一回で終わります。また固定式の仮歯も装着いたしますので、その作製もあって治療時間は半日かかりますが、今日中に歯がはいってすぐに食事をして頂けます。もう少しでできあがりです。あすから社員旅行です。オペは少しお休みですね。

投稿者 mtadmin : 2005年3月08日 16:21

女性 難しい骨移植です。

交通事故で前歯の骨を失っています。厚みが2.5ミリしか無く、6ヶ月前に骨幅を作るための骨移植をしています。(ベニアグラフトといいます)まだ高さが足りないため今日は骨高を作るための移植をしました。骨は幅と高さを同時に作ることができません.血液供給が得られず垂直的な造堤は吸収してしまいます。今日はインプラントを埋入できる幅が確保できていましたので、インプラント埋入を行いそれと同時に垂直的な骨移植を行いました。実は2回目の移植は歯肉の角質化が起こり非常に難しくなっています。気合が入るオペです。若い女性の方ですのでより気合が入りますが、手術を終えパーフェクトと考えています。6ヵ月後、2次オペが楽しみです。スタッフのサポートご苦労様でした。

投稿者 mtadmin : 2005年3月07日 15:14

今日は上顎洞挙上術 インプラントアドバンスセミナーの日です。

12名定員のコースに16名参加いただきました。全国より熱心な先生方に参加いただき実習とライブオペを含む内容の濃いセミナーです。ベーシックコースや画像診断セミナー、歯周治療セミナーと1年を通じ色々なセミナーをさせていただいていますが、やはりライブオペが入ると非常に具体的な内容と質問で盛り上がります。日本のインプラント治療の普及に、わずかでも貢献できれば幸いです。

投稿者 mtadmin : 2005年3月06日 15:14

女性 上顎総インプラントです。

3ヶ月ほど前に下顎にインプラント治療をさせていただいています。今日は上顎です。今まで天然歯の治療に時間がかかり今日になりました。天然歯を使用して固定の仮歯が入っています。この仮歯を使用できる状態にもってくるため日にちがかかりました。今日は天然歯の間にインプラントをそれぞれ埋入し、6ヶ月後あたりにインプラントを立ち上げ、そのときは歯を抜かせていただきます。治癒期間はご不便なく食事ができます。

投稿者 mtadmin : 2005年3月05日 15:14

男性 両側上顎洞挙上術です。

いわゆる両側上顎の骨移植です。左側は洞内に中隔と呼ばれる壁があるため、その壁を避けるように頬骨の壁を2ヶ所あけ洞内にアクセスしました。この中隔のため一部穿孔しましたがコラーゲンの人工膜を使用し事無きを得ました。また、しっかりと骨補填ができました。現在は良質な人工膜(メンブレン)のお陰でこの手の問題はすべてクリアできます。明日はこの術式のセミナーを当センターで行う日です。

投稿者 mtadmin : 2005年3月05日 15:14

女性 6ヶ月前に骨移植をしたところです。

左下5番部位に以前骨移植を行い、歯槽骨造堤をしました。同時にその奥6番7番にインプラントを埋入してあります。現在はそのインプラントを使用して仮歯が入っています。骨はいい感じでできていましたので、やれやれです。インプラントも正常な埋入ができました。

投稿者 mtadmin : 2005年3月04日 15:14

男性 右下7番に1本埋入です。

現在、下顎前突のため矯正と下顎の骨きりをしています。そのため、レントゲンにプレートが映っています。骨きりの甲斐あって、顔貌はとてもかっこよくなりました。今日は一番奥にインプラントです。以前、抜歯をしていましたので骨の状況がやや気になりましたが日にちがたっているため良好な骨質でなりよりでした。2ヵ月後にホテツが入ります。

投稿者 mtadmin : 2005年3月03日 15:14

女性 下顎総インプラント。当日歯を作ってインプラントに歯をつけます

右下4本の歯からは膿が出ています。これを抜歯して、歯茎を充分浄化してインプラント埋入です。歯茎をきれいにするのは結構時間がかかります3~40分掛け綺麗にしました。その後インプラントです。ほとんど骨が解けてなくなっていましたが、条件のよいところを探して全部で8本入れました。今日は即日荷重を行うため2時間ほど待っていただき仮の固定式の義歯を装着させていただきました。2ヶ月程して歯茎が綺麗に治癒すればセラミックの歯に置き換えていきます。お疲れ様でした。

投稿者 mtadmin : 2005年3月03日 15:14

女性 左上 上顎洞底挙上術とインプラント。

左上に2本埋入でした。手前は10ミリを埋入、2本目は上顎洞を頬側骨から開窓しての骨移植をしながら埋入しました。歯槽頂からの母骨の長さは4ミリほど、上顎洞の中には6ミリ突出している形で入りました。骨質はいたって硬く、6ヵ月後にホテツが入ります。

投稿者 mtadmin : 2005年3月01日 15:14

ページトップへ

Profile プロフィール

医療法人 西村歯科 理事長

Category Archive カテゴリ

Monthly Archive 月間アーカイブ

  • LiCCAで行っている治療の流れ
  • セカンドオピニオン
  • 治療費とトリートメントコーディネーターのご案内
  • よくある質問
  • 医院概要
  • 書籍・メディア情報
  • 理事長日記
  • スタッフブログ
  • 採用情報
  • UNDER ARMOUR

Copyright © Nishimura Dental Clinic. Rights Reserved.