トップページ > 理事長日記 

理事長日記

理事長日記

性 右上1本小臼歯です。

和島先生埋入です。慎重をきしCTを撮りました。ソケットリフトで上顎洞を持ち上げるか随分悩んでいましたが、骨質も良好で、長さも10ミリ取れたため、無理せず1回法で埋入できました。角化歯肉を頬側に作りたいということで、歯槽膿漏の歯によくする頬側根尖側移動術を行っていました。これは歯ブラシをするとき容易になるためです和島先生の細かな配慮が見られます。

投稿者 mtadmin : 2005年2月28日 15:14

女性 ご主人から奥様をご紹介いただきました。

血圧をコントロールするということでオペの日を3週延ばしておりました。今日は血圧も落ち着いています。怖がりな方ですので緊張されていましたが治療開始ころ血圧も落ち着いてきました。左下は一番奥を抜歯、抜歯ホールは歯牙2歯分の大きさほどもあり、自然治癒できれいに治るのを待つと9ヶ月ぐらいはかかりますので骨補填材を入れました。補填材の効果で4ヵ月後インプラントを入れます。その手前に1本インプラントを埋入。ワイドインプラントが良好な骨質の中に入りました。右は骨幅が狭さくしているためややぎりぎりという感じでしたが、4ミリと5ミリのインプラントが入りました。骨質はタイプ2といたって硬い骨質で、骨は少ない代わりに、あるところは硬い安心な骨でした。2ヵ月後仮歯を作り始めます。

投稿者 mtadmin : 2005年2月28日 15:14

女性 歯槽骨の高さを作る骨移植です。

レントゲン的には骨があるように見えますが、抜歯後に骨補填材を入れていただいてますので、あるように見える歯槽骨は、2~3ヶ月もすれば吸収してなくなります。実際治療を始めると、唇側の骨は数ミリやせていて、口蓋側の方は8ミリほどなくなっていました。非常に厳しい移植となりました。左下親知らずのあたりから骨を採取しました。スクリュウピンで骨片を留め、人口の幕で覆い骨のボリュウムを作ります。あれやこれやとアイデアを凝らし満足のいく治療ができました。静脈鎮静を玉崎先生にお願いして、患者様は眠っておられました。時間の経過を気にすることなく進めることができました。

投稿者 mtadmin : 2005年2月26日 15:14

女性 極端に柔らかい骨でした。

両側とも、骨の表面2~3ミリを越えたあたりからは極端に骨が柔らかく、ほとんどが空洞域のようでした。まだ左はやや骨質を感じましたが、右は感触がなかったです。それでも2~3ミリにインプラントの固定源を設けることができ治癒を待つことができました。左は4ヶ月、右は6ヶ月待ちます。待てば、充分骨への生着が得られます。

投稿者 mtadmin : 2005年2月25日 15:14

女性 まずは右下2本インプラントです。

左下も欠損がありますが、左は噛みあう上の歯がおくまで無いのでとりあえず右下に2本埋入、歯冠部分は3歯入れます。粘膜に切開を入れない無切開法にて入れさせていただきました。様子をみて左を考えられます。インプラントは未知で不安なものと思っておられますが、もうじきその不安も払拭されることでしょう。

投稿者 mtadmin : 2005年2月23日 23:14

男性 抜歯後3ヶ月の埋入です。

左下臼歯1本です。以前上顎1本と上顎洞挙上術をしています。今日は、抜歯したところがきれいになりましたのでそこへインプラントでした。患者様は嘔吐反射がきついため、以前は骨移植もあるといくことで静脈鎮静で完全に寝ながら行いました。きょうは1本だけですので、笑気麻酔を多めで治療に入りました。幸いなんの問題も無く、快適な感じで終了出来ました。このあとの治療は谷町診療所へ行っていただきます。早く歯を取り戻していただきたいですね。ごくろうさまでした。
[

投稿者 mtadmin : 2005年2月22日 15:14

博多駅前にあるインプラントセンターにて講演でした。 

1年を通じて勉強に来られている熱心な先生方ばかりでした。今回は画像診断とインプラントのリスク回避のためのセミナーでした。ご一緒に講演させていただいたのは名古屋中央病院の口腔外科医の新美先生です。丁寧な指導と講演にわたしも勉強になりました。博多まできたら、温泉へでも行きたい気分でしたが、明日の診療のため岐路につきました。次回は予定を立てて来よう。

投稿者 mtadmin : 2005年2月19日 15:14

男性 下顎 臼歯です。

顎堤がフラットだと、歯茎を開かず埋入するつもりでしたが、残念ながら鋭利な歯槽骨でしたので従来通り、骨面を確認しながら正確な埋入を心がけました。骨の少ないところは、切削骨を添加してよりきれいな骨形態になるよう工夫をしておきました。上顎は以前に埋入、治癒待ちです。

投稿者 mtadmin : 2005年2月18日 15:14

男性 右下追加のインプラントです。左も危ないインプラントです。

以前に当医院にて右下2本を入れてあります。その奥にもう1本インプラントが入っていました。そこは他院にてされたインプラントでしたが残念ながら骨から脱落しましたので、当医院にて再埋入させていただきました。これで右下には3本入りました。歯根型のインプラントが脱落しても、早期対応であれば歯槽骨のダメージはいたって少なく、天然歯の抜歯と同等の穴が開くぐらいです。 3ヵ月後には天然歯のような歯が入ります。左下にはまだ1本脱落しかけのインプラントが残っています。これも残念ですが他院にてしていただいたものですが右が落ち着けば除去と同時のインプラント埋入を行う予定です。

投稿者 mtadmin : 2005年2月16日 15:14

女性 下顎総インプラントです。2期に分けての治療をします。

残存歯に仮歯を固定して使います。1期目の治療として、歯の間にインプラントを埋入します。1ヵ月後インプラントを使った固定式仮歯を装着したら、2期目として、残存歯を抜歯。そこに追加にインプラントを入れます。追加インプラントも早期に使用しますので3ヶ月後には総インプラントの完成です。骨の吸収が激しく、良好な部位が少ない時の対処としての方法です。いずれにしても治療中はずっと噛める歯があります。

投稿者 mtadmin : 2005年2月16日 15:14

女性 残念 インプラント除去です!

他院にて埋入されたインプラントです。かぶせが脱落するたびに、歯医者さんにつけに行かれるということ。回数が増えて週に一度は行かれたということで、改善が無いため当院に来られました。なんとか義歯だけをやり変えようと、お聞きしたメーカーの部品を取り寄せたり、主だったインプラントメーカーの営業の方にいろいろ調べてもらっても合う部品がありませんでした。ネジ部分に何か金属片が折れ込んでいるからかもしれません。それとインプラントの傾斜がきつく、舌側に倒れているため義歯を作り変えるにも無理があり、やむなく除去させていただきました。インプラントの尖端すぐのところに下歯槽神経があり、また舌側には舌動脈があり緊張する治療でした。上手く取れましたので骨補填材を填入。3ヶ月まってインプラントを入れます。

投稿者 mtadmin : 2005年2月16日 15:14

男性 左下奥歯と右上奥歯です

左下は2本 大臼歯部です。上の対合歯が延びてきているため、少し削ります。形態修正をして、インプラント義歯が入る隙間を作ります。歯冠長が取れないためネジ止め式インプラントを予定しています。上顎は奥歯1本を埋入してあります。ご希望によりここはセメント式義歯を入れます。どちらも良好な固定でしたので安心です。右側はよく頬や舌を噛むということですが、いま入っている金属冠の形の問題ですので早急に仮歯で形を変えて試行錯誤をしてみます。

投稿者 mtadmin : 2005年2月15日 15:14

男性 下顎 総入れ歯を磁石で!

下顎、残っている前歯も揺らいでいます。厳しい状態ですのでインプラント治癒後、抜歯します。左右に1本ずつインプラントを埋入。総入れ歯と磁石を利用したインプラント治療です。

投稿者 mtadmin : 2005年2月15日 15:14

女性 他院でのインプラントに追加埋入です。

上顎は以前当センターにてインプラントを入れさせていただいています。今日は下顎です。残っていた歯もゆらゆらしてきましたので、3本の追加インプラントで総インプラントにします.治癒期間中残っている歯を使うために歯槽膿漏の治療をしました.痛んでいる天然歯の治療は時間がかかります。インプラント埋入よりかかりましたが、大事なところです。これでしばらくは排膿もせず仮歯として使えます。はやく総インプラントにして安心したいですね。

投稿者 mtadmin : 2005年2月12日 15:14

OJ・ミッドウィンター・ミーティング イン東京でした。

OJの会はインプラントを志す臨床医のスタディクラブで日本最大級のクラブです。6月の本会とこの2月のミッドウィンター・ミーティングと8月のロサンゼルスでの合同ミーティングがメインです。副会長をさせていただいていますので、会では座長を勤めました。20名近い一線で活躍されている先生方にコメントをさせて頂きました.参加定員200名のところ300名を越える盛況ぶり、わが医院からも先生方に参加してもらい盛り上がりました。熱い気持ちでまた診療に望みたいと思います。

投稿者 mtadmin : 2005年2月10日 15:14

女性 右下抜歯後即時埋入です。

しっかりした骨質です。大きな骨隆起が舌側にあります。このような方は歯軋りとか食いしばりが強いかたです。インプラントにとっては気をつけなければなりません。幸い骨質が良好ですのでワイドインプラントを使用過大な荷重に対応しようと思います。

投稿者 mtadmin : 2005年2月09日 15:14

女性 右下抜歯後即時埋入です。

右下犬歯と小臼歯2本抜歯、計3本抜歯です。歯周病での抜歯ですので骨がひどく吸収して根尖まで無い状態でした。第二小臼歯の部位に斜めにやっと入れました。大臼歯部分と3本ありますので手前2本分は延長ブリッジの形をとります。力学的には問題ないとされていますのでご心配なく。
050208.jpg

投稿者 mtadmin : 2005年2月08日 14:41

男性 前歯の歯冠乳頭を作ります。

歯と歯の間の歯茎を歯冠乳頭といいます。これが無いと歯の根元に隙間ができます。以前インプラントをしたところに歯茎の移植をします。少しでも見た目のいい歯を作るためです。メディアの第一線で活躍の方ですので少しでも形のいい歯茎を期待して行いました。
050207.jpg

投稿者 mtadmin : 2005年2月07日 14:41

新大阪技工士学校で講演。

現在ラボを経営されている技工士の先生方や歯科医師の方に来ていただきました。 100名を超え、教室いっぱいに入っていただき酸欠状態のようでうれしい悲鳴でした。参考になる話ができたか心配でしたが、講演後どの方からも感動でしたと声を掛けていただきよかったと思うしだいです。聴講いただく方のレベルや求められているものにばらつきがあると話の焦点が難しくなるのですが今回は義歯や骨吸収についてお話しました。このような地道なインプラント勉強会がこれからもっと盛んになるかと思います。皆様がんばってください。
050206.jpg

投稿者 mtadmin : 2005年2月06日 14:41

男性 9ヶ月前上顎洞に骨移植をしています。

今日その部位にインプラントを埋入しました。手前2本は骨移植をしているので骨質は硬すぎるぐらい良好でした。一番奥は自家骨部分と骨移植部分の半々でしたので骨質は柔らかめです。手前2本は5ヶ月後に立ち上げ、一番奥は7ヵ月後に立ち上げます。左の下は骨移植した時に入れたインプラントです。
050205a.jpg
050205b.jpg
050205c.jpg

投稿者 mtadmin : 2005年2月05日 14:47

女性 歯が寝転がっています。

前歯の欠損部位に犬歯が埋伏しています。インプラントの埋入には大変ジャマでなんとか避けなければなりません。コンピューターの画像診断でなんどもシミュレーションをしています。計画通りの治療ができました。こんな時には力を発揮する画像診断です。
050205.jpg

投稿者 mtadmin : 2005年2月05日 14:41

女性 右下大臼歯と左上犬歯です。

右下の大臼歯部分は骨形態、骨質ともいたって良好です。規定の40ニュートンで埋入3ヵ月後にいい形で歯が入ります。左上は骨が失われていて、骨幅が歯槽頂あたりで1~2ミリ、基底部分でやっと5~6ミリです。埋入方向が限られまた、両隣在歯が寄ってきて幅も限られます。本来の歯の方向よりかなり傾斜しての埋入となりますが力学的には荷重がかかっても問題ありません。といっても犬歯という場所がどの歯よりも負担が多くかかるところですので、歯を作る際にはかみ合わせの調整を考える必要はあります。審美的にも大事なところですのでそれらを考慮した埋入深度を設定しました。
050204.jpg

投稿者 mtadmin : 2005年2月04日 14:34

女性 上顎総インプラントです。

現在仮歯として使用している歯牙固定式のブリッジをインプラントの治癒期間の6ヶ月間使用していただく工夫をします。何本か歯を残し、残した歯を土台にして今の仮歯を使います.残した歯の間にインプラントを埋入していきます。と言っても、歯槽膿漏で歯を失っていますので骨も溶けてないところがありますので残存骨を探しながらの埋入となりました。限られた条件でしたが何とか10本のインプラントを良好な形で埋入できました。
0502042.jpg

投稿者 mtadmin : 2005年2月04日 14:34

今週7日は新大阪技工士学校で講演ですので、今日は1日掛けて講演の準備です。 

今回はインプラント埋入の外科的な話ではなく、補綴と呼ばれるインプラント義歯の話です。現在の義歯は限りなく天然歯に近い歯ができますので講演題目を「インプラント・ナウ」と銘打ち今の新しい考え方や新しいコンセプトなどを話します。歯科医師のみならず歯科衛生士、歯科技工士の先生方にも参考になる話ができればと思っています。面白い話ができそうで楽しみです。

投稿者 mtadmin : 2005年2月03日 14:34

女性 左下の一番奥です。

右側は一番奥が上下とも欠損ですが、今回は左の下だけインプラント治療をなさいます左はここにインプラントがあれば上顎に歯がありますので、奥まで良く咬めるようになります。長期にわたり欠損が続いたので対合の上の歯が挺出していますから神経を治療し伸びた分を短く調整をします。骨質は良好ですが一本の埋入ということで大事を取って3ヶ月治癒を待ちます。
050202.jpg

投稿者 mtadmin : 2005年2月02日 14:33

女性 左上の大臼歯 3ヶ月前に抜歯しています。

抜歯時に骨補填材を填入していますが、骨の表層部分の補填材はまだ新生骨にはなっていません.それでも2~3ミリぐらいは造成できたようです。骨質はいたって良好でレントゲンで見るより長いインプラントが入りました。 1~2ミリ上顎洞にリフティングして、10ミリのワイドインプラントを埋入。他の部位のインプラントは8年ほど前に治療させていただいたものです。いずれも健全でよく咬めるということで、現在ご主人もインプラント治療をなさっています。
050201.jpg

投稿者 mtadmin : 2005年2月01日 14:34

ページトップへ

Profile プロフィール

医療法人 西村歯科 理事長

Category Archive カテゴリ

Monthly Archive 月間アーカイブ

  • LiCCAで行っている治療の流れ
  • セカンドオピニオン
  • 治療費とトリートメントコーディネーターのご案内
  • よくある質問
  • 医院概要
  • 書籍・メディア情報
  • 理事長日記
  • スタッフブログ
  • 採用情報
  • UNDER ARMOUR

Copyright © Nishimura Dental Clinic. Rights Reserved.